piano diary

レッスン

今日も梅雨とは思えないほどの良いお天気。
急な暑さがこたえます。

形にならないままのベートーヴェンとグリーグを持ってレッスンへ。。。。


☆べートーヴェン ピアノソナタ第15番 第一楽章

・指先の緊張がない→ふにゃふにゃの指先で弾くと、音がこもり、フレーズがぶつ切れになる。
・左の同音連打の弾き方。手首のスナップを効かせて、pでも指先を緊張させて。
・右手、手首をくねくね上下させない。
・和音、スタッカートの弾き方を直す
・三拍目に休符があるところ。休符が短く、次の一拍目に突っ込んでいる
・次回までに仕上げ。


☆グリーグ ホルベアの時代より Ⅱサラバンド

・もっと明るくクリアーな音で!


今日は、手首の脱力、使い方と、指先の緊張についていろいろと教わりました。
先生に言われた通り弾くと、おっ!私弾けてる♪と思えることがあります。
「瞬間芸」(笑)ですが、帰宅すると、その時の感覚を忘れないように、がんばって復習。
少しでも自分のモノにしたいものです。


次回までに、ベートーヴェンの二楽章とグリーグ第三曲を譜読み。


スクリャービン、弾きたくていろいろと曲を探しています。
どれも難しそうですが。。。。
[PR]
by pianosand | 2013-06-04 20:02 | piano | Comments(0)
<< 阪田さん、ファイナルへ(^-^) ブルーベリー育つかな? >>