レッスン

今月2回目のレッスンへ。

ハノンはスケールとアルペジオの次に練習する曲選び。
第三関節を山にして手を丸めすぎず、1本づつ指が独立するようになるともっと弾きやすくなるとのこと。
ゆっくり意識をしながら練習するように。

続いて、セヴラック。
・前回のレッスンよりは、少しワルツのリズムになってきた。
・強弱、<>のつけ方、rit.、間のとり方、ゆれやためをもっと出して弾く。
・イメージを持って弾く。

自分では、どう弾いていのかまだまだ??だらけですが、少しはワルツらしくなってきたと言われてほっ(^-^)

最後は、ドビュッシー。

・体が縮こまっている所がある。
・もっともっと、ゆらぎやうねりを出して。1・2・3・4と数えて弾いているのが感じられる。
・もう一度楽譜をよく読む。レガート、強弱、<>を見直す。

難しい曲ですが、美しい響きにときどきはっとします。
よく聴いて練習しよう。


1月もあと少し。
残り1か月ちょっとしかないですが、もっと深めて弾けるようになりたいです♪


[PR]
by pianosand | 2014-01-29 21:35 | piano | Comments(0)

趣味のピアノのこと、くらしのことを書いています


by pianosand
プロフィールを見る