piano diary

卒業

昨日は娘の卒業式でした。
6年間、あっという間でした。
楽しいこと、つらいこと、いろいろあったけれど、友達や先生に恵まれて、毎日楽しそうに通えたことがなによりでした。

卒業証書授与の間、私が「ピアノ王子」とこっそり呼んでいる先生(以前は演奏活動もされていたそう)が、BGMでピアノを弾いてくださいました。
1クラスに1曲づつ。
体育館のこのピアノからこんなにも美しく優しい音が出るのかと驚くほど、心にしみいる演奏。
思わず先生のピアノを弾く姿をビデオで撮ろうかと思いましたがやめました(笑)

校長先生からは、証書を渡されるときに、一人一人にあたたかな言葉をかけていただきました。
娘には「文化祭でのナレーターの役目、とても立派でした」
今までの卒業式で、校長先生からそんな言葉をいただいた事はなく、生徒への愛情にあふれた言葉に感動しました。


帰宅すると、娘の友達ママからお花が届いていました。
卒業おめでとう、とメールもいただきました。
私たちを見守って支えてくれた、周りの方の存在にあらためて幸せを感じました。

たくさんのおめでとうとありがとうの1日でした。
[PR]
by pianosand | 2014-03-19 07:24 | つぶやき | Comments(2)
Commented by ポーちゃん at 2014-03-20 17:10 x
娘さん、ご卒業おめでとうございます。
校長先生からのお言葉、励みにもなりますね。
Commented by pianosand at 2014-03-21 06:23
ポーちゃん こんにちは

ありがとうございます。
校長先生の生徒へのあたたかなまなざしと一緒に、きっとずっと忘れないと思います。
とても心温まる卒業式でした。

<< レッスン バタバタと過ぎて行く >>