piano diary

練習会(>_<)

秋分の日が過ぎ、日が暮れるのが本当に早くなりました。
”秋の日はつるべ落とし”ですね。
秋の夕焼けは色や光の感じがとても美しくて、運よく真っ赤(赤も色々)な空がタイミングよく見えるとうれしい。

秋晴れの中、練習会へ行ってきました。

お友だちの演奏を聞かせていただくと、いろいろと見習いたいと思うことがたくさんあります。
演奏中の集中力、音楽の流れや歌い方、ペダルの使いかた、体の使い方、曲の始め方や終わり方などなど。
たくさんの刺激をいただきました!

私はといえば、本番が近いので度胸をつけるために私から練習会をお願いしたのですが、弾き終わった時に帰りたくなるほどボロボロでした。
暗譜に自信がない、練習が足りないから弾く前から不安と緊張で体に力が入り、音に集中できないまま、聞けないまま弾き終わってしまいました。

どうしてこうなっちゃうのかなあ。
この曲はこういう風に弾きたい、と言う「思い」を伝えることが大切なのに、楽譜通りに弾くことにとらわれているからでしょうか・・・。
時間を作って練習会に来ていただいたのに、中途半端な演奏を聞かせてしまったことがなんとも申し訳なくて。
下手でも間違えてもいいから、聞いていただく方へ音楽の心のようなものが伝わる演奏ができるようになりたいものです。
普段の練習から、もっと集中して弾くことから始めてみようかな。




[PR]
by pianosand | 2014-09-24 13:58 | piano | Comments(0)
<< おしまい 「ひとつひとつ。少しずつ。」 >>