福間洸太朗 リサイタル♪

週末、福間洸太朗さんのコンサートを聴きに相模湖交流センターへ。
ピアノはベーゼンドルファー。

f0267023_12175498.jpg
                                             
♪プログラム <鐘に共鳴するロシア魂>

ラフマニノフ:Op.3-2 前奏曲 嬰ハ短調『鐘』
チャイコフスキー:『四季』より「11月:トロイカ」、ドゥムカ Op.59
スクリャービン:幻想曲 ロ短調 Op.28
ボロディン:小組曲より 「第1曲 修道院にて」、「第7曲 夜想曲」
バラキレフ:東洋風幻想曲「イスラメイ」
 
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」

♪♪アンコール

チャイコフスキー:『四季』より「10月:秋の歌」
福間洸太朗(コータロフスキー):夕べの鐘の主題による六つの変奏曲
ストラヴィンスキー:火の鳥より フィナーレ

相模湖と、やや(?)都心から離れた場所だからか、空席があったものの、熱い福間ファン(?)の期待(とエアコンの設定温度が高かった・・・汗)で始まる前からすでに会場は熱くなっていました♪
白いシャツと黒いジャケット・パンツでさっそうと現れた福間さん。
熊川哲也に似ている・・・とちょっと思いました(笑)

ラフマニノフの「鐘」の出だしの和音からノックアウト★
和音の低音の鳴りと響きと厚みに圧倒され、途中から変わる早いパッセージは軽やかで美しく。

私の耳には、ベーゼンドルファーの音とスタインウェイの音の違いはわからない・・のですが、素晴らしい音色。

その後の曲も、さまざまな色の音が織りなす(陳腐な言い方…)響きが、ピアノ1台から聞こえてくるのが不思議なほど。
歌い上げ方、椅子から体を浮かせての力強いffやfff、美しい手から腕の動きと、聴かせて魅せるピアニストさん。
何より、エネルギーがあふれていて、聴いている方もドキドキするようなワクワク感、高揚感。
こんなワクワク感を感じたクラシックのコンサートは初めて(^^♪

どの曲も素晴らしかった!!のですが、大好きなスクリャービンと超絶技巧を軽々と弾かれる「イスラメイ」、美術館を巡っているような気持にさえなった「展覧会の絵」がとても印象的でした。

そして、アンコール2曲目はご本人からの説明があり、ロシア民謡「夕べの鐘」を、この日のプログラムの作曲家6名のイメージで第6変奏に編曲。
チャイコフスキー、ムソルグスキーにならい、「コータロフスキー」編曲とのこと(大爆笑でした)
トークもお茶目ですが、この曲の変奏が、作曲家のイメージ通りの編曲。
第1変奏はラフマニノフ風、とはじまり、第5変奏のバラキレフ風は「イスラメイ」の出だしとそっくり。
聴きながら、楽しくて笑いそうになりました。

そしてラストの曲、火の鳥のフィナーレ。
町田樹さんのソチオリンピックでの演技が浮かび、鐘の音が鳴り響く中、火の鳥が飛び立っていく場面を見ているような素晴らしい演奏でした。

遠かったけれど、本当に聴きに行ってよかった♪

CD(最近発売された「展覧会の絵」を買おうか悩みましたが、ショパンを買いました)にサインをしていただき、握手もしていただきました(*^_^*)
真っ白で、まるで美術館にあるギリシャ彫刻のような大きな手でした。

またぜひ聴きに行こう!!


[PR]
by pianosand | 2014-10-27 22:28 | music | Comments(2)
Commented by かちゃまた at 2014-10-28 22:04 x
sandさん こんばんは
お住まいが、ハッキリ何処だかは存じ上げませんが、少なくとも相模湖は「遠路はるばる」と枕詞がつく場所では??

そんなハンディも帳消しになる、sandさんが注目しているピアニストさんてどんな人なのでしょう・・・とネットで検索しちゃいました。

すると・・・経歴がまたスゴイのですね。都立高校出身、というのも(音楽高校じゃないあたり)いいですねえ。

勉強とリサイタルを続けながら、この数年で着実に実力を上げ
(ピアノを弾く能力は元々優れていたわけですけれど)、音楽的にも技術的にも、そしてインターナショナルな活躍という意味でも、グングン伸び盛りのピアニストなのですね。

音楽界に魅力的な若者が増えるのを喜ぶオバさん目線ですが
私も注目して行きたいと思います(私には相模湖はちょっと遠いかもですが・・・)
Commented by pianosand at 2014-10-29 07:36
かちゃまたさん こんにちは♪

相模湖・・・家から到着までおよそ2時間でした(笑)
日帰り遠足のようですね。
自分でもどうしてそこまで時間(と交通費)をかけて行くのかと呆れますが、なかなか聴けるチャンスがないのでえいやっと行ってきました。

この方、日本の音大へ行かれず、高校を出てすぐにパリへ行かれていて、ヨーロッパでのリサイタルもとても多いからか、身のこなしや弾いているときのオーラが日本人離れしているような印象でした。
緊張を感じさせないとてもフレンドリーな雰囲気で出ていらしたことも好感が持てました。

来月は原宿と横浜、来年の1月は初台でリサイタルがあるそうです。

趣味のピアノのこと、くらしのことを書いています


by pianosand

プロフィールを見る

最新の記事

最近のこと
at 2017-08-20 08:39
初めてのBluetoothス..
at 2017-08-15 10:05
8月スタート
at 2017-08-01 17:58
とほほ(;´д`)
at 2017-07-26 14:44
群馬旅
at 2017-07-13 22:06

最新のコメント

ポーちゃん♪ 先日はあ..
by pianosand at 19:20
先日はありがとうございま..
by ポーちゃん at 08:33
けいちゃん♬ 吹割の滝..
by pianosand at 08:44
うーん、どれもこれも美味..
by けい at 22:43
ayayanさん♪ ..
by pianosand at 09:57

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

piano
music
art
つぶやき
ごあいさつ
レッスン



手のこと
野球
ジョギング
家事