レッスン

レッスンへ。
お天気だったので、一つ手前の駅で降りて歩いていきました。
街の中の紅葉や、前を通る大学の学祭準備風景を見ながら秋を感じました。

本番がどんどん近づいてきます。
あいかわらず、安定しないままですと悩みをまず相談。

先生は一言「あれこれ頭で考えすぎ。考えて弾くのではなくて感じて弾くのよ」
うーむ、感じて弾くとは。。思わず、「その心は?」と聞きたくなりました(笑)

そして、「川が流れるように音楽の流れに乗って弾く。自分でダムを作ってせき止めない」
あ~確かに、せき止めています(笑)

今日は暗譜(譜面台を倒して、楽譜は置いたまま)で。

*注意されたこと
Op.23-4
・出だしの2小節から3小節がつながって聞こえない。
・今の倍(!!)は緩急をつけないと、聴いている方には伝わらない。
・左手が伴奏になっているて均等に拍子を刻みすぎて、右手と流れが合っていない。
・強い音がきつい(いたい)手首から力をぬく。

Op.23-5
・出だしはp(fのような音で弾いていた)
・1小節を4拍ではなく、2拍で弾く。
・中間部、音色が汚いところがある
・和音が汚い、うるさすぎる所がある。頑張って弾きすぎない(・・・笑)

本番前のレッスンはおそらく1回。
残り3週間、まだがんばれる・・はず(弱気)



[PR]
Commented by けい at 2014-10-31 10:24 x
レッスンお疲れ様でした。
お散歩がてら歩くのには今いい季節ですよね♪
今日はあいにくの天気ではありますが、、、

発表会の曲ってずっと練習しているから、新鮮味が薄れてしまうかもしれませんが、sandさんがこの曲を選んだときのワクワク感やいちばん好きなところとかを思い出して、あと3週間頑張って下さい(*^◯^*)
Commented by pianosand at 2014-10-31 12:46
けいちゃん♪

いつも温かな励ましありがとうございます!

昨日、歯医者でぼーっとしているときに、私も「そうだ!好きなところをもう一度楽譜を見ながら探してみよう」と思ったのです♪

ずーっと弾いていると、曲の味がどんどん薄まるというか、感動したはずなのに、ずっと聞いていると耳が慣れて当たり前になってしまうものですねえ。

初心に戻って、楽譜をよーく読み直してみます。
がんばります(^^)/

by pianosand | 2014-10-30 13:26 | piano | Comments(2)

趣味のピアノのこと、くらしのことを書いています


by pianosand
プロフィールを見る