レッスン

今年最後のレッスンへ。

前回に引き続き、シューマンの「飛翔」、今回初めて見ていただく、ブラームスのラプソディOp.79-1。

♪「飛翔」
ゆっくりテンポで少しずつ止められながら、最後まで弾きました。

・手首からひじ、上腕をもっとやわらかく使う。
・和音の弾き方⇒押しこまないで
・内声をよく聞く

♪ラプソディ
1小節目でストップ(笑)
・左手はもっと手首を使い、ひとかたまりで弾き、右手と溶け合うように。
・和音のつかみかた、体の使い方、指の形
・中間部の美しい所はもっともっと歌って(ここ、苦労するだろうなあ)

体の使い方を意識して弾く練習に、この曲は向いているそうです。
固い手首~腕を使えるように、体の重みを指に伝えるられるようになりたいです。
しかし、あらためて弾いてみて、すごく難しい(>_<)し長い・・・。
ピアノを再開してから、一番長い曲です。
発表会で弾く予定ではないのですが、もし弾くことになったら暗譜ができるのかしら・・・・・おそろしい~。
無謀なチャレンジを始めてしまったような気がします(笑)






[PR]
Commented by けい at 2014-12-19 20:46 x
ブラームスのラプソディ♪
どちらも好きですが、1番はのっけからグッと掴まれますね。
確かに難しそう、、、!でもsandさんなら乗り越えていけると思います(^-^)
久しぶりの作曲家だとまた違った発見もありそうですね。
Commented by pianosand at 2014-12-20 09:06
けいちゃん♪
1番はくるくると表情が変わり、すごくドラマティックな曲なので、わくわくしながら練習しています。
前回は、さら~っととりあえず弾いただけだったので(汗)今回はもう少しじっくりと弾きこもうと思っています。
終わったら(いつになるやら・・)2番も弾くつもりなので、来年はブラームスイヤーになるような予感(^^ゞ
by pianosand | 2014-12-18 20:36 | piano | Comments(2)

趣味のピアノのこと、くらしのことを書いています


by pianosand
プロフィールを見る