ステップへ♪

今日は、お友だちが演奏される、PTNAのステップを聴きに行ってきました。
優しくておだやかで聞いていると安らぎを感じる演奏は、お人柄が音色に出ていると思いました。
はじめてのホールでリハーサルなしで弾くピアノでの演奏は、発表会には比べられないほどの緊張のはず。
自分で決めた目標に向かって努力されて立派に終えられらたお友だち、とても素敵でした!

講評の中で印象に残ったことば。
「聴いてもらう人に、こんな風に聴いてほしいと思いピアノに向かう。あまり主観的(弾く自分が中心の演奏)になると、ピアノが機械になってしまう」

この主観的な演奏、私です(汗)
聴いてもらう人の立場に立った、客観的な演奏を目指さなくては。


帰宅後、指ならしをせずに、すぐにブラームスを弾き録音。
録音を客観的に聞いて・・・凹みました。
流れに乗って弾いているつもりだったのに、聞こえてくる演奏はメトロノームに合わせたような流れのない演奏。
ゆったり歌っている所は、テンポが遅くなりまったり。
自分で思った以上に、何とも勢いの感じられない、安全第一のような演奏(>_<)

あと6日間、何ができるのか、どうしたらよくなるのか・・。
こんな演奏を人前で弾けない~(/_;)

と泣き言を言ってもしょうがないので、少しでもよくなるように何とかしなくては・・・。





[PR]
by pianosand | 2015-05-24 21:23 | piano | Comments(0)

趣味のピアノのこと、くらしのことを書いています


by pianosand
プロフィールを見る