piano diary

犬の目のこと

(犬の目のことを気持ちの整理のために書きました。)

今月の初め、9歳の犬の右目が目やにで閉じていることに気がつき、すぐにかかりつけの動物病院へ。
痛いのか、目をほとんど開けられないため眼圧は測れず、大きな傷はないと言われ一安心。
点眼薬を出されて様子を見るように言われました。

3日後、目がうっすらと開いたのですが、瞳が白っぽくなっています!
病院へ行くと、文京区の眼科専門のT動物病院を受診するように言われたので、すぐに行きました。
とても有名な病院のようで、混んでいて(土曜の午後だった)、待つこと2時間、やっと診察と検査。

「水晶体前方脱臼」(水晶体を支える糸が切れてしまい、目の前方、角膜側へずれている)で、眼圧が高い(40~45)のでおそらく失明している。
状態が悪くなった直後であれば、水晶体を摘出して眼圧が下がれば失明にはいたらなかったかもしれないが、もう今からでは間に合わない。
想像もしなかった説明にショックで、ぼーっとしてしまい先生の言葉がよく理解できませんでした。

2週間後、再受診。
眼圧は高いままで、このまま前にずれた水晶体が角膜を刺激すると、角膜に傷がつくので、水晶体を取り出してシリコンの球(義眼)を入れる手術を勧められました。

今まで大きな病気やけがと無縁の健康な犬だったので、突然の失明という事態がすぐには受け入れられず。
最初に目やにに気がついた時に、眼科専門病院へ行けば、水晶体をすぐに取り出す手術を受ければ、失明しないですんだかもしれない、と考えてもしょうがないことを何度も考えては気持ちが落ち込む毎日。

ネットで、同じ病気になったワンちゃんのことを書かれたブログを探しては読み、手術のことや、その後元気にしている様子を見て、少し希望が持てました。

とはいえ、手術が本当に必要なのか決断できなくて、セカンドオピニオンを聞くために、台東区の眼科外来のあるA動物病院へ。
シリコン球を入れる手術か、眼球摘出手術の二つの方法があると言われました。
術後の顔の様子が、シリコン球の場合は今と変わらないが、眼球摘出すると目をつぶったままの状態になるとのこと。
シリコン球の手術は、角膜に傷がつく前に早く受けた方がいいこと、手術に踏み切れなかった犬が結局は眼球摘出手術を受けたことなどを聞き、シリコン球の手術を受けることに決めました。

文京区の病院は、通院に時間がかかり、とても混んでいるため、通いやすい台東区の病院で手術を受けることにしました。
もうすぐ10歳の体に全身麻酔は負担が大きいのでは、と不安ですが、心臓のチェックをしてから手術をすると聞き少し安心しました。

来週手術⇒翌日退院し、二週間後に抜糸の予定です。




[PR]
by pianosand | 2015-07-23 14:53 | つぶやき | Comments(4)
Commented by Roo at 2015-07-23 20:50 x
サンドさん、こんばんは。
わんちゃんのこと、ご心配ですね。
わんちゃんの目が、目やにで汚れていることは、そう珍しい事ではないと思います。その異変に気が付いて、お医者さんにまで連れて行ってもらえて、わんちゃんも、ほっとしたのでは。
暑い中、わんちゃんも、サンドさんも、大変でしょうが、手術の成功、お祈りしています!!お大事に!
Commented by pianosand at 2015-07-24 12:04
Rooさん♪

こんにちは。
あたたかなコメントをありがとうございます。
10歳近くなると、少しずつ病気が出てきても不思議じゃないのに、うちの子は大丈夫と思っていました。
かわいそうな思いをさせてしまいました。
今は手術が成功して、少しでも痛みがなくなるようにしてあげようと思っています。


Commented by かちゃまた at 2015-07-28 18:17 x
サンドさん、お久しぶりです。9歳の愛犬がいらしたのですね。
年齢的な「病気」のリスクが高まるのは、人間と一緒。
症状を具体的に訴えられない動物だけに、優しいサンドさんのことご心配と心痛の毎日かな、と思います(時期的にもう手術の頃かな)。

ネットの世界の情報量というのは便利なもので、キーワードを入れると目の不自由なワンちゃんに、「バンパー機能を持つハーネス」(壁にぶつかっても安心な機能)、とか「天使の防護服」という帽子機能で頭部を守る方法など、いろいろ出てきてすごいなあ、と思いました。

暑い夏場の手術です。患者ワンちゃんの健康第一に、それを見守るサンド家の皆様のご健勝をお祈りします。
くれぐれもお大事に…。
Commented by pianosand at 2015-07-28 20:31
かちゃまたさん♪

こんにちは。
ごぶさたしています(^^)
今日の午後、手術が無事に終わりました。
明日の夕方までは会えませんが、とりあえずはほっとしているところです。
これから何歳まで生きられるのかなあ、と初めて考えてしまいました(/_;)

目の不自由な子のために、いろいろな便利グッズがあるのですね。知りませんでした。ありがとうございます。
家の中は、体の感覚で覚えているのでぶつかることはないのですが、お散歩のときは危険から守るグッズが必要ですね。

今年の夏は、去年よりも暑さが厳しいような気がします。
かちゃまたさんも、夏バテなどお気をつけて♩
ブログも楽しみにしています。
ありがとうございました(^^)/
<< 手術 夢^ ^ >>