piano diary

練習会へ♪

本番が近いお友だちの練習会へおじゃましてきました。
ショパン、ドビュッシー、ベートーヴェンなどなど、大好きな曲をピアノの近くで聴かせていただけるぜいたくなひととき♩
演奏される方の呼吸や間合いがとても心地よくて、歌を聞いているように感じました。
どの曲も、とても技術的に難しいのですが、それを感じさせない、頑張って弾いています!という雰囲気が全くないのです。
体の中から音楽が流れてくるような素敵な演奏でした。

私もシューベルトとモーツァルトを弾かせていただきました。
レッスンの時よりも緊張(笑)
まだまだ音を必死に追いかけて弾いている段階ですが、人前で弾くと悪いところ(拍子感がない、流れがないなど)がよくわかるのでとてもよい経験になりました。

いつも高い目標に向かっていらっしゃるお友だちの前向きな姿に、”難しいから私にはムリ”と後ろ向きな自分を反省(>_<)
チャレンジしなくちゃ!と刺激をいただきました。

プロコフィエフの”束の間の幻影”の素敵な演奏を聴かせていただいたら弾きたくなりました。
自分で弾くと間違いなく弾けなさすぎて幻滅するのですが(笑)


[PR]
by pianosand | 2015-08-14 16:39 | piano | Comments(2)
Commented by Roo at 2015-08-15 23:16 x
サンドさん、こんばんは♪
先日は、ありがとうございました!
練習途中とおっしゃって弾かれていましたが、
「え~、完成されてるのに!」と思いながら、聴かせていただきました。
シューベルト、モーツアルト、どちらも、とても素敵でしたよ~(^^♪

束の間の幻影、それこそ、練習途中、譜読み途中の、演奏をお聴かせしてすみませんでした。でも、いい曲って思って下さる仲間がいて嬉しいです。ぜひ、弾いてお聴かせ下さいね!


Commented by pianosand at 2015-08-16 10:12
Rooさん♪

こんにちは(^^)/
先日は素敵な演奏をたくさん聴かせていただきありがとうございました。
ピアノの音色が多色で温かで、素晴らしいなあとため息がでました。

束の間の幻影、ひとめぼれ(笑)です!
Rooさんが弾かれているから素敵なのですが、私もチャレンジしてみます!
いつか聞いていただけるようにがんばります(^-^)
<< 練習から 「ヴァイオリニスト 20の哲学」 >>