教室の練習会

同門の生徒さんが企画された練習会へ行ってきました。
大人の生徒さんが5名と先生もいらっしゃいました。

みなさん緊張されながら演奏されていて、自分の番になる頃には口の中がカラカラになるほど緊張。。。^^;
出だしからテンポがあれ??いつもと違うと動揺。続けて弾きながらも、今までに間違えたことがないところで派手に間違える、止まりそうになる、音がわからなくなり作曲する・・などなどいろいろハプニングだらけでした。
一番の問題は、細かな間違いよりも、歌がない。。こじんまりとした抑揚のない演奏だったこと。
まだまだ、おとなしくて自己満足な演奏。なんとも中途半端・・・。
もっと私はこう弾きたい!という気持ちが伝わるような演奏をするには、どうしたものかなあ?と考えてみたもののよくわかりません。
自分が楽しんで弾く、でいいのかな??









[PR]
Commented by けい at 2016-07-08 08:22 x
合同練習お疲れ様でした★
きっと普段なかなかご一緒しない方同士だと緊張感もひとしおだったのではないでしょうか。
緊張した時点で、いつも通りではなくなりますもんね(^_^;)
でも緊張は集中力とかいい方にも働くことがありますから、悪いことばかりではないと信じてます。
緊張の中できっと良かったところもあったと思いますので、本番にむけてこれからも応援してます♪
Commented by pianosand at 2016-07-08 21:29
けいちゃん♪
人前で弾く機会を重ねても、やっぱり緊張しますね。(そう見えないと言われちゃいますが・・・)
いつもと違う状態で、いつもはしないミスをたくさんしたので良かったと思います。
これが本番に活かせるように、あと少しがんばります♪
いつも応援ありがとう~(^^)
by pianosand | 2016-07-05 23:18 | piano | Comments(2)

趣味のピアノのこと、くらしのことを書いています


by pianosand
プロフィールを見る