piano diary

シーモアさん、観てきました

先日「シーモアさんと、大人のための人生入門」を観てきました。
シネスイッチ銀座、初めて行きましたが、金曜日のレディースデイは驚きの950円でした。
朝一番の上映の30分ほど前に着いたところ、チケット売り場前は行列。
普段よく行く映画館は、ネットであらかじめチケットを買うので時間ギリギリでも間に合うのですが、こちらはネット販売がない・・(´・ω・`)

f0267023_09085934.jpg

あらすじ (ぴあより)
50歳を迎えて人生に行き詰まりを感じていた俳優イーサン・ホークが出会った、87歳のピアニスト、シーモア・バーンスタイン。ピアニストとして舞台に立つ上での不安や、ピアノ教師としての晩年の熱意、平坦ではなかった半生を、彼は温かみとともに語る。—アーティストとして、一

50歳で最後のリサイタルを行い教師となったシーモアさんのドキュメンタリーです。
シーモアさんと生徒のやりとり、自宅でのインタビュー、レッスンの場面からシーモアさんの人柄が伝わってきます。
仙人のような(ヨーダのような笑顔)温かなまなざしで生徒の演奏を聴きながら、何度も「Good」(グーーーーッド、と伸ばす)と言う姿がとても印象的でした。
こじんまりとした自宅はとても心地よさげで、丁寧な暮らしぶりが伝わってきます。
ニューヨークスタインウエィでのピアノセレクションの様子も興味深かったです。
ピアノに関わりのある人が楽しめる映画ですね。

映画の後は、ひとりでランチ。
大好きな梅林のトンカツ。脂身(苦手)も美味しくて、付け合せのナポリタンもとてもGood♪でした。
ホントはカツ丼がお目当てだったけど、おばちゃんひとりでカツ丼を頼む勇気がなかった・・・^^;(カウンターお隣女子は、カツ丼を注文していた!)
次はカツ丼!

f0267023_09085918.jpg


[PR]
by pianosand | 2016-10-25 20:43 | art | Comments(0)
<< 練習会とレッスン 恋ダンス♡ >>