piano diary

また腱注射

今日は一ヶ月ぶりに整形外科へ。
手外科専門の先生の診察です。
ストレッチを続けて様子を見てきましたが、ばね指は変わらず。
先生からは、このままストレッチを続ける、腱注射をする、手術をする、のどれにしますか?と言われて考え込んでしまいました。
ストレッチをしてもおそらく良くはならない、腱注射は一般的に3回までしかできないからチャンスはあと2回、手術は困るし怖い。
ということで、腱注射をお願いしたところ、先生から「痛いですからね」と念押し。

1年前に違う病院で注射していただいた時は、針を刺す時の一瞬チクリとした、という程度。
細くて長い針だったなあ。。。と思い出していたら、先生が持ってきたのは予防接種で使うような短い針の注射!
え、注射が違う、あ、指すところも違うよ・・と思ったら、注射。
痛い!!そして、薬が入ってくる間も痛い!!
「痛いです」と思わず言ったら、「そうですよね。だから痛いと必ず打つ前にお話ししてるんです」と先生。
今日は、しびれが残るので安静にして、明日からストレッチを再開するように言われました。

注射をしてから8時間ほど経ちましたが、にぶい痛みがまだあります。
ストレッチをして、ピアノは様子を見て再開。

こんな痛い目に合うのはもうイヤなので、まじめにストレッチをして、腱鞘炎にならないようにしよう。





[PR]
by pianosand | 2017-01-12 19:08 | 手のこと | Comments(0)
<< テーブルウェア・フェスティバル 自転車問題 >>