piano diary pianosand.exblog.jp

趣味のピアノのこと、くらしのことを書いています


by pianosand
プロフィールを見る

音楽的に弾けない

レッスンへ。
昨日は久しぶりにとても凹むレッスンでした。
まだ、気分は底に落ちたままです。

手と指の支えを意識して、体の重みを指先にかけて弾けるようになりたいと思い練習しています。
でも、支えが弱いからか体の感覚が鈍いのか、教わったことを再現できません。
クラーマー=ビューローで、手から腕の使い方を教わりましたが、よくわからなくて四苦八苦。

バッハは、ノンレガートがまだ弾けず、スタッカートのようになってしまいます。
ノンレガートに弾くことばかり気にすると、メトロノームで刻んだような足踏み演奏になり、音楽が流れません。


そして、ショパン。
楽譜通りゆっくり弾けるようになり、弾き始めたら数小節でストップ。
「ゆっくり弾くときから、もっと音楽的に弾かなくちゃ」
そう、やっぱり私の演奏は機械的で音楽じゃない。
「もっと響きをよく聞いて、和音の移り変わりを感じて、音を楽しんで」
聞いています、和音の移り変わりも感じています。。。とは言えず心の中はパニック。
音楽的に弾きたいけれど、どう弾けばいいのかわからない。

ずっと、自分の演奏は音楽ではなくて、楽譜通りに弾いているだけ、と劣等感を持っています。
自分なりに、歌おう、音楽を感じようとやってきたつもりだけど、音楽をするにはいちばん大切なものが欠けているのかもしれないと思い、ピアノに向かう気持ちになれないまま一日経ちました。

来月、お友だちのピアノの会ではリストを弾くことにしたものの、ただ弾いているだけの演奏を人前ですることがとても怖くなりました。




[PR]
Commented by roo at 2017-11-14 23:11 x
サンドさん、こんばんは♪
私は、サンドさんの演奏、音楽的じゃないなんて、感じたことないです。いつも、感動があるし、心地よい音楽ですよ!それに、楽譜通り弾けるって、凄いです!偉大な作曲家が書いた楽譜ですものね♪
私こそ、こんなにひどい状態で、聴いていただいても良いのかなと苦しんでいるところですが。。。出来るところまで頑張って許していただこうと、諦め気分です。
Commented by pianosand at 2017-11-15 20:08
rooさん、こんにちは♬

読み返すと、あまりにも暗いことばかり書いてしまってすみません。
やさしい言葉をいただきありがとうございます。
今日はピアノの前に座って、へこみながらも練習しました。
どうして、こんな辛いことをしているのかなあと自分でもあきれます。。

rooさんの演奏は、どんな曲を弾かれても胸を打たれます。
きっとrooさんの中にある音楽が、ピアノに乗って飛んでくるのでしょう。
聴かせていただくのをとても楽しみにしています(*´ω`*)
by pianosand | 2017-11-14 14:08 | レッスン | Comments(2)