カテゴリ:piano( 161 )

病院、レッスン、練習会

火曜日に、やっと整形外科の通院が終わりました。
朝起きた時に少しこわばりはあるものの、痛みもなくなりました。
くせで、つい重いものを持つ時や洗濯ばさみをつまむ時は、左手を使ってしまいます。左手の訓練になっていいかも(^^)

病院が終わり、午後はレッスンへ。
初めてベートーヴェン(12番の第一楽章)を見ていただきました。
「読みの段階から、音符を並べて弾くのではなくて、自分の中の音楽を表現するように弾く」・・・う~ん(゚∀゚)
私の中の音楽って??とりあえず歌いながら、3拍子を意識して弾いています。
芯のある、立ち上がりの良い音を出せるように、手の形、指の使い方も直そうとしています。

今日は久しぶりにお友達とスタジオで練習会でした。
いつもたくさんの曲を練習されていて、たくさん聴かせていただきました♪
すごいなあ~。私もやる気スイッチを探して、押さなくちゃ。








[PR]
by pianosand | 2016-02-26 20:52 | piano | Comments(0)

調律中♪⇒問題発生

年に1度の調律中♪
ピアノ部屋とつながるリビングで、パソコンのキーボードを打つ音がうるさいかも!?と気にしながら書いています笑
3ヶ月弾かなかったからか、タッチが弱くなったからか、久しぶりに弾いたら音がこもっていたような。
調律でクリアーな響きに変わるかな?楽しみです。
調律後に、音の確認のために弾いてみてくださいと言われますが。。。いつも困ってしまう^^;

追記♪
調律師さんから声がかかり、「問題が見つかりました」え~(゚∀゚)
3つの白鍵の表面がぴらっと剥がれていました。今日は接着剤で止めていただき応急処置。
調律師さんによると、同じ頃に作られたピアノで以前にも何台かあったそうです。
メーカー修理になるため、後日全部の鍵盤を預けることになりました。
となると・・・直ってくるまで弾けない(*_*)
弾けなかったこの3ヶ月間に修理してもらえればちょうどよかった~^^;

調律後のピアノはすっきりと明るい響きに戻っていました。フレッシュな音は元気が出る~♪




[PR]
by pianosand | 2016-01-21 14:16 | piano | Comments(0)

お友達のピアノ

お友達が出られるptnaのステップを聴きに行ってきました。
高校生や大人が演奏するグループは観客も少なく、舞台のすぐ前には講評される先生のテーブル(近すぎ!!)。
お友達は暗譜でバッハの平均律とショパンを弾かれました。
聴くたびに思うのですが、お人柄が出ているような端正で落ち着いた、すべての音を大切にした演奏で、優しい音色が印象的でした。

私のピアノのお友達の演奏は、どなたも温かな優しい演奏をされます。
そんな演奏をされる方たちが友達だなんて、とてもシアワセだと思います。

演奏後、もう一人の若いお友達も一緒に軽く乾杯♪
若い方たちと一緒で、実はドギマギしつつ、ビールでテンションが上がってしまいました。。。恥ずかしい~(*´ω`*)

来年もお友達の演奏を聴きに行くのが楽しみです♪










[PR]
by pianosand | 2015-12-30 15:55 | piano | Comments(2)

発表会

f0267023_09435353.jpg


銀座の山野楽器の前に音符がたくさん飾られたツリーがありました。

昨日は、ピアノ教室の発表会でした。
久しぶりに先生にお会いし、みなさんの演奏をゆっくり聴かせていただきました。
半年に1度の発表会、次は7月の予定です。それまでに治って出られますように。











[PR]
by pianosand | 2015-12-24 09:27 | piano | Comments(4)

練習会♪

久しぶりに友人たちと練習会♪
いつもは、みんなが集まりやすい都心のスタジオを借りますが、今回は私の住む区にあるホールの練習室。
椅子がギシギシうるさくて気になったので、取り替えをお願いしたり、ピアノの音色がちょっと?だったり(´・ω・`)
友人たちに遠くまで来ていただいたので申し訳なかった(_ _;)

私は、最近始めたプロコフィエフの”束の間の幻影”、やっと終わったモーツァルトの”デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲”、本番で弾くシューベルトの即興曲を弾きました。
プロコは譜読み状態、モーツァルトは2週間弾かなかっただけなのに指がもう回らない、シューベルトは”頑張って弾いています”だけが取り柄のような演奏でした。
毎回、本番が近づくにつれて慌てていますが、今回のシューベルトは今までで一番間に合っていないと痛感(-.-)

楽しかったのは、久しぶりの連弾♪
相方さんの音楽の流れに乗り、たのし~く弾かせていただきました(^.^)
一人で弾いても、連弾のように音楽の流れに乗って弾けるたら楽しいだろうな。
どうして音楽が流れないのか・・・・永遠の課題です。

来月は、同門の生徒さんとの初めての練習会の企画もあり、ホントにネジを巻かなくては!






[PR]
by pianosand | 2015-09-22 06:26 | piano | Comments(2)

練習から

お盆休みで家族がいると、なかなか練習ができません。
というのも、ピアノはリビングに続く和室にあり、ふすまで仕切るのですが、和室にエアコンがないのでふすまを閉めて練習できない・・。
リビングに人がいなくなると、ピアノの前に座っています。

シューベルトは、発表会で弾くので暗譜をします。
今日は、片手づつ弾いてみました。
両手だと何となく弾けている感じなのに、片手になるとトホホの演奏になります。
初心に戻り、しばらく片手練習もしてみよう。

いつも、本番ぎりぎりまで暗譜があやしいとか、弾けない所が残っているとかアップアップなので(汗)今回こそ余裕を持って本番を迎えたい。

なによりも、心のある演奏をしたいので、練習から曲のイメージを持って弾くように(千住真理子さんの本の影響です)しなくては。
ついつい、きちんと弾くことだけにとらわれて、一番大事な曲の心がどこかへ行ってしまう。
私の悪い所です(>_<)





[PR]
by pianosand | 2015-08-15 22:36 | piano | Comments(2)

練習会へ♪

本番が近いお友だちの練習会へおじゃましてきました。
ショパン、ドビュッシー、ベートーヴェンなどなど、大好きな曲をピアノの近くで聴かせていただけるぜいたくなひととき♩
演奏される方の呼吸や間合いがとても心地よくて、歌を聞いているように感じました。
どの曲も、とても技術的に難しいのですが、それを感じさせない、頑張って弾いています!という雰囲気が全くないのです。
体の中から音楽が流れてくるような素敵な演奏でした。

私もシューベルトとモーツァルトを弾かせていただきました。
レッスンの時よりも緊張(笑)
まだまだ音を必死に追いかけて弾いている段階ですが、人前で弾くと悪いところ(拍子感がない、流れがないなど)がよくわかるのでとてもよい経験になりました。

いつも高い目標に向かっていらっしゃるお友だちの前向きな姿に、”難しいから私にはムリ”と後ろ向きな自分を反省(>_<)
チャレンジしなくちゃ!と刺激をいただきました。

プロコフィエフの”束の間の幻影”の素敵な演奏を聴かせていただいたら弾きたくなりました。
自分で弾くと間違いなく弾けなさすぎて幻滅するのですが(笑)


[PR]
by pianosand | 2015-08-14 16:39 | piano | Comments(2)

私に合っている曲?

発表会が終わり、次の曲を譜読み中。
前から決めていた、モーツァルト「デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲」。
年末に予定されている次の発表会ではこの曲は弾かないつもりなので、もう1曲、発表会で弾く曲を決めて譜読みを始めたいのですが、なかなか決まらない。
そんな時、”(アマチュアは)自分に合った選曲が大切”という言葉を目にしたので、ますます決まらない(笑)

半年後の発表会(こじんまりとしたホール)と、1年後の発表会(広いホールの予定)の曲を決めて、半年後の曲とモーツァルトを練習→モーツァルトが終わったら、1年後の曲を始めようと考えています。
まあ、そんなに簡単に苦手なモーツァルトが終わるかどうかもあやしいのですが・・・。

ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーンが候補なのですが、私に合っている曲はどんな曲なのでしょう?






[PR]
by pianosand | 2015-06-04 21:20 | piano | Comments(2)

発表会(2015.5.31)

教室の発表会が終わりました。

お友だちが、夏のような暑さの中を聴きに来てくださいました。
いつもありがとうございます♪


前半はお子さんの部、休憩をはさみ大人の部。
休憩で(毎回ですが)お子さんとご家族・友人の方はお帰りになるので、大人の部は生徒の弾きあい会のようなリラックスした雰囲気です。
今回で3回目となり、大人の生徒さんとも顔なじみになり和気あいあいとした休憩時間。

それでも、本番が始まればみなさん、うってかわって緊張した面持ちでピアノの前へ。
集中して弾かれる姿、曲への熱い思いが伝わる演奏、歌が聞こえてくるような演奏を聴いていたら、緊張がほぐれて落ち着くことができました。


5日前のレッスンから本番まで。
注意されたことを少しでも直したかったのですが、なかなかうまく行かず、今まで暗譜の不安がなかった所が突然わからなくなり気持ちばかりが焦っていました。
当日のリハでは、いろいろ考えてしまい、音をもっと聞かなくちゃと思いながら何となく乗り切れませんでした。
先生からももっと勢いをもって弾くようにと言われました。

順番を待ちながら、今日は崩れてしまってもいいから、思い切り勢いに乗って弾こうというスイッチが入りました。

勢いをつけようと弾き始めのテンポがいつもより速くなり、和音が濁る、バランスが悪い、音を間違えた、外した・・とひやっとすることが何度もありましたが、途中でとても弾いていて楽しく心地よい瞬間もありました。

この曲の持つ激しさや流れに、乗れたかな?


さて。
気持ちを切り替えて、次の曲です。
何を弾こうかな?








[PR]
by pianosand | 2015-06-01 08:41 | piano | Comments(2)

10年

ピアノを続けているのは、弾きたい曲が弾けるようになりたい、少しでもきれいに弾けるようになりたいから。
でも、ピアノはなかなか(私の場合、おそらく人よりも時間がかかるタイプ)上達が感じられない。
本番が近づき、自分の演奏と向き合うたびに落ち込み、どうしてこういう演奏しかできないのかとがっかり。
ピアノを再開して、途中お休みの時期も入れて、もうすぐ10年。
あっという間の10年。少しは進歩しているのかなあ。

本番の目標:自己満足な機械的な演奏ではなくて、聴いていただく方に向かって音楽を届ける気持ちを持って弾く。
ハードル、自分で上げてしまいました(笑)
本番の緊張の中で、冷静に客観的に演奏を聴ける自分を保つ自信はないけれど、目指します。


[PR]
by pianosand | 2015-05-24 21:47 | piano | Comments(0)

趣味のピアノのこと、くらしのことを書いています


by pianosand
プロフィールを見る