piano diary

<   2013年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今日は

バザーの準備(まだやっています・・(笑))をして、買い物をして、ご飯を作り、もろもろのことをして夜になるともうエネルギー切れでピアノが弾けない。。
働いてお家の事もして、ピアノも弾かれている周りの方たちは本当にすごいなあとつくづく思います。

今週は、今日だけピアノを弾く時間がまとめてとれるので、練習。
・ハノンのc moll、スケール、アルペジオ
・リトルピシュナからアルペジオ
・ベートーヴェン「田園」は第一楽章をゆっくり、片手づつ。→両手で合わせる
・水の反映はゆっくり、両手で合わせてみる。亀のような歩み。。

練習しないと、集中力が続かなくなるようで、眠くなったり、何か飲みに行ったり。すぐに席を立ってしまう。


来月、お友だち主催の会では、「田園」の第一楽章を弾くことにしたものの、レッスンで見ていただいてから3か月近く空いてしまったので、すっかり弾けなくなってしまいました。
もういちどやり直し(^^ゞ
[PR]

13連符・・

子どもの頃から、左手4連符に右手3連符、とか、左手3連符に右手2連符のような、おさまりの悪い(?)組み合わせは苦手です。
よく楽譜に、3連符のこの音を、4連符のここで弾く、とえんぴつで線を書き込みましたっけ(笑)

「水の反映」は、10連符、13連符、15連符!も出てきて、もうどうしたらいいのかお手上げ(-_-)
CDで聴くと、とても自然な流れですが、私が弾くと均等じゃないというか、途中で流れがよどむような感じです。
両手で合わせると、必ず、どちらかの拍にひきずられて崩壊。
こういうところは、右手は右手、左手は左手で勝手に弾いてしまえばいいのだろうか。。。。
う~ん。
[PR]

通院終了

昨日も皮膚科へ。
前回、針を刺して膿(>_<)を出してもらったあと、ずっと爪の脇が紫色になっていますが、痛みはほぼなくなり、腫れもずいぶんひいてきました。
先生からは、もう薬も飲まなくてよいと言われ通院もおしまい♪

帰宅して、久しぶりに右手でピアノを弾いてみましたが、う~ん、まだちょっと痛みます。
ムリせず少しずつ慣らしていかなくちゃ。

「水の反映」まだ譜読みに苦戦しています。
和音がちっとも覚えられず、恐ろしい不協和音を弾いてしまいげんなり。

弾けるようになるのだろうか・・・(・。・;
すぐに弱気になる私。
[PR]

小石川後楽園へ

このところ、バザーの準備と皮膚科通いでなんだか疲れがとれない(-_-)

緑の中をのんびり歩きたいと、小石川後楽園へ行ってきました。
東京ドームの隣に、こんなに閑静(でも、ドームの場内アナウンスや、遊園地からきゃ~♪という叫び声は聞こえました)で広いお庭があったとは。

この庭園は、以下HPより~

江戸時代初期、寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の中屋敷(後に上屋敷となる。)の庭として造ったもので、二代藩主の光圀の代に 完成した庭園です。光圀は作庭に際し、明の儒学者である朱舜水の意見をとり入れ、中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後 れて楽しむ」から「後楽園」と名づけられました。

とのこと。
とても広くて、大きな池には鴨や鯉、亀がいました。
のんびりと1時間ほどかけて散策。
きれいな川が流れていたり、滝があったり、水戸家のお庭だけあり梅林もありました。
梅の木には名前の札がかけられていたのですが、いろいろな種類の梅がありびっくり。

思ったよりも暑く、セミの鳴き声が聞こえました。
ヒガンバナがあちこちで咲いていました。
春には梅としだれ桜が、秋にはもみじがきれいでしょう(^.^)

f0267023_20464753.jpg

f0267023_20462793.jpg

f0267023_20474452.jpg

f0267023_20474961.jpg


最後の写真。
田んぼのかかしが水戸光圀公で、葵の御紋の印籠を手にしていました(笑)
金色の稲の穂がとてもきれいでした♪

来月は、旧古河庭園のバラを見に行こう!
[PR]

指の腫れと図書館

指の腫れと痛みは昨日の夜がピーク。
左右比べると、ほぼ2倍になっていました。
しもやけでも、ここまで腫れたことはないほど。

薬(フロモックス)が少しずつ効いてきたのか、だんだん腫れがひいてきた気がします。
おとなしくしていた方がよいとのことで、残念ながら今日のプールレッスンはお休み。

このまま治りますように(>_<)


最近、近くの図書館が1年ぶりにオープン。
なんと、自動貸し出し機になっていました。

台の上に本を(借りたい本すべてを積んでOK)置き→図書カードのバーコードを読ませ→画面で確認ボタンを押したら終了!!

セルフレジみたい(笑)


借りてきた本。

川上昌裕著 「ピアニストは、進化する」

f0267023_13412891.gif


ピアニストを目指す方、その指導者を対象とした内容ですが、趣味でピアノを弾く私にも練習のヒントになることや、気持ちの持ち方など、ほほうと思うことが書かれていてあっという間に読んでしまいました。

感想。あまりピアノと関係ないことですが(笑)

・私はとても器が小さくて、視野も狭いので、もう少し心を広くゆとりを持った人になる。

・計画をもって、先を考えてピアノを弾く。達成したい目標を、短期・中期・長期に分けて考え、まずは手を付ける。→いつか弾きたい曲の楽譜を買うことから始めようかな。
[PR]

指が腫れた(>_<)

台風の後、秋空になりました。
明日は十五夜♪
このお天気ならお月様が見られそうです。


さて。
昨日の夜、右手の中指の爪の周りがなんだか痛む。
何だろう?と思いつつ寝たら、夜中に痛みで目が覚めました。
熱も持っています。

そして今朝。

指先から第一関節までがぷっくりと、まるで音符のように大きく腫れ上がってしまい、痛みもアップ(涙)
何科で診てもらうのか??だったのでとりあえず皮膚科へ。

爪からばい菌が入って腫れているそうで、とりあえず飲み薬で様子を見て、変わらなければ切開しますと言われ・・・ぼーぜん(*_*)

おとといの夜、指の爪を切る時、切りすぎてしまい深爪したのがよくなかったのかも。。
2日間おとなしくして、ばい菌を退治しなくては。

週末のレッスンもキャンセル。
左手だけ練習します(/_;)
[PR]

楽譜のコピー

レッスンの時先生が言われた事を、楽譜に汚い字で書き込みをするので、楽譜をコピーして、ファイルに入れて使っています。

コピー譜を入れるファイルがA4サイズなので、95%前後に縮小してコピーします。
最近、縮小コピーして小さくなった譜面に目が疲れてくるようになってきました(笑)

「水の反映」は高音や低音がとても多くて、━(加線)が何本か数えるのも一苦労。。。
もっと若い時にチャレンジする曲だったかも(>_<)

もう少し大きなファイルを買って、いっそのこと楽譜を拡大コピーしてはどうか?!
ファイルをレッスンへ持ち運ぶのが大変かなあ。




明日は台風が過ぎ去るまで家にこもってピアノ練習しようっと。
台風、ぐ~んとそれてくれないかなあ。。。怖いです(-_-)
[PR]

譜読み進まず・・

前回のレッスンで次の曲を決める時、最初に先生が言われたのがドビュッシーの「水の反映」。
弾いてみたいけど、難しいだろうし。。。と思いきれず、「ピアノのために」のプレリュードにしました。

が!
やっぱり「水の反映」にチャレンジしたい気持ちが大きくて、変更(^^ゞ。

楽譜は中井正子校訂「実用版 ドビュッシーピアノ作品全集 映像第1集、第2集」。

f0267023_21462941.jpg


「水の反映」はピアノピースも出ていますが、中井正子校訂の楽譜を使ってみたかったのでこちらをチョイス。

譜読み、和音の動きが覚えられず、ちっとも前に進まず。
譜読みのこつなどあれば教えてほしいです。

ぱっと音符を見て、何の音かわからないほどの高音や低音にも四苦八苦。
習うより慣れろ。。でしょうか。トホホ(>_<)
[PR]

楽々!?

涼しくなったと油断したら、突然夏が戻ってきました!
体がついて行きません。。

今月はじめたこと。
区のプールで毎週1回1時間、プールで「楽々エクササイズ」のクラスに参加。
ふだん、運動といえばラジオ体操くらい(笑)
プール内を歩いたり、軽く運動するなら大丈夫かと思い申し込んでみました。

が!
初回、どこが「楽々」なの?!と言いたくなるほど、私にとってはかなりハードなアクアビクスのような動きの連続でした。。

できない~むり~、と思いながらも、音楽に合わせてプールの中で足を上げたりひねったり、体を動かすのがとても楽しい!

終わった後、ジャグジーに入りほ~っとするのもよい感じ。

これなら、続けられそうです(^-^)
[PR]

レッスン

涼しくなりました。
一番好きな季節は秋♪

レッスンへ。

一番最初にハノンのスケールを弾きます。
が、いつもなんだか指が滑るというか、しっくりこない、変な感じです。
緊張もあり、その日初めて弾くからということもあるのですが。

昨日も音がもやもやふわふわでした。

先生から、打鍵スピードが遅い、もう少し上から指を落とす感覚でクリアーな音を出すようにと言われ、もう一度。
意識したら、1回目より音がクリアーになりました♪
恐る恐る弾いては、よい音は出ません(>_<)


続いて、ベートーヴェンの第4楽章。
今日で4回目。

通しで弾いて、弾き終わるとは~っとため息をついてしまいました(笑)

前回よりよくなったところをほめていただきほっ。(先生はかなりほめ上手です)

弾いてみて気になるところ、音の巾が狭い、音色が単調を相談。
先生からは、クレッシェンドでp→fへ徐々にならず、突然pがfになると言われ納得(笑)

pはpの音を作り、fはfの音を作るように言われました。
が、、pの音もfの音もどう弾けばよいのかわからず、pは弱々しいだけの音、fは大きさもなく響きのない音になります。

タッチ、手首の使い方、つかみかた、体の使い方を変えることで、少しそれらしい音になりました。

レッスンは今回で終わりに。
あとは家で弾いて、もう少しよくしたいと思います。

次の曲は。。。。

♪ドビュッシー 「ピアノのために」 1.プレリュード

♪ラフマニノフ 前奏曲 Op.23の4か5か6(笑)

無謀にも同時に難易度の高い2曲にチャレンジ!!

かなり冒険です、私にとっては。
どうなるかな~。。。。
[PR]