piano diary

<   2014年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

東京藝大 モーニング・コンサート6

6月26日、東京藝大の奏楽堂へモーニング・コンサートを聞きに行ってきました。
いつも行きたいと思いながらなかなか予定が合わず、初めて行くことができました。

前売券を買っていったものの、自由席なので開場より早めに到着。
すでに大勢の人が奏楽堂の前にいてちょっとびっくり。すごい人気なんですね。

係の方が、チケットの整理番号順に入場できることを繰り返し説明されていました。
ふむふむ。ちなみに私は500番台・・入場まで10分近く待ちました~。

♩プログラム

オーボエ:山本楓
モーツァルト オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314

ピアノ:務川慧悟
ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18

指揮:ペーター・チャバ
管弦楽:藝大フィルハーモニア

開演間近にはほぼ満席!
時間ぎりぎりで入ってきた方は、どなたも”席がいっぱい!?”という表情をされていました。
この日は特別混んでいたのでしょうか?


1曲目、私の中では”のだめ”のオーボエ協奏曲(笑)
初めてライブで聴きました。
オーボエの山本さんは遠くから見ても美しくて上品で薄いピンク色のドレスもとても素敵。

始まるとオケの音がすごく澄んでいてさわやかな風のようでうっとり。
モーツァルトは普段あまり聴かないけれど、美しい~。
そこに山本さんのオーボエ、優しくてやわらかで小川がさらさらとながれるような、まろやかな音色。
ふわふわのチーズスフレのような、マシュマロのような、聞きながらにこにこしたくなるような温かで癒される音楽でした。

いつも思うのですが、ピアノ以外の協奏曲は観客席に向かい立ちっぱなしで演奏しますが、観客席を目の前にして緊張しないのでしょうか?
立ちっぱなしも疲れそう。。。

さて、続いてピアノがセッティングされ、いよいよ務川さんのラフマニノフです。
(この曲ものだめの千秋先輩が弾いていた~(笑))

今月3回目の演奏。(追っかけみたいですね・・・恥)
出だしのあの和音、どんどん表情が変わり・・・最初からひきこまれました。
そしてオケの音が、前曲とはうって変わりまさにロシア!重厚でうねるような音楽。
ピアノがオケの大きな川の流れの上を自由自在に演奏
(コンサートの事を文字にするのは苦手なので、こんな風にしか書けない(>_<))

キラキラの高音、アグレッシブな低音、切迫感あふれる所、美しく悲しく歌い上げる所・・・移り変わる表情が豊かな演奏でした。
素人の私の感想ですが、やっぱりすごい!オーラを感じる演奏。

若さがあふれる、けれどとても堂々とした、オケと一体となった素晴らしい時間でした。
曲が進むにつれて、会場の雰囲気も盛り上がっていき、終わった時は会場からはものすごい拍手が鳴りやまず!!
(アンコールもちょっと期待しましたが。。ありませんでした)

関東での演奏会はこの日が最後とのこと。
留学先から一時帰国された時にはぜひ演奏会を開いてほしいなあ。

来月のモーニング・コンサートは3日、10日、24日。
10日と24日は、偶然?2回ともチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。
10日は秋元孝介さん、24日は阪田知樹さんのピアノです。

今月は、いろいろなコンサートで生演奏を聴くことができてとても充実。


[PR]

レッスン

レッスンへ出かけようとバスに乗ったら、猛烈な雷雨!
先生のお宅近くの駅に着いたら曇りでした。
レッスンを終えて外に出たら、晴れ(*^^)v
変な天気の1日でした。

今日のレッスンは、まずハノンのアルペジオで指ならしを。
何も考えずに、ドミソドミソドミソ・・と弾き始めたらストップ!
ただ弾くのではなくて、もっと音楽的に(-.-)、手首~上腕を使って弾くように。
いつも同じことを言われています。。
音符を見て鍵盤を弾くのではなくて、音楽的に弾く。

☆ラフマニノフ
・もっと揺らして
・和音の変化をもっとよく聴いて
・急いで慌てて弾いている所、もう少し落ち着いて
・フレーズをもっと大きくとらえて
・自分はどう弾きたいのかが伝わるように

音楽の流れに乗れず、弾くことにまだまだ追われています。
息が苦しくなるような演奏を何とかしなくちゃ。

☆シューマン
・もっと自由に!歌って!!弾く

先生の前で、自由に弾く、弾きたいように弾くことは私にはとーっても難しいのです。
そもそも私はこう弾きたい!という意思があるようなないような?、こんな風でいいのかしら?という不安な気持ちが大きく、弾き終わるとは~っとため息が出るような演奏になってしまいます。
音楽に正解はないのだから、もっと自分を出して弾くことで何かが変わるかも。

ラフマニノフをもう1曲(プレリュードOp.23-4)見ていただくことにしました。
大好きな美しく悲しい曲です。
今年はラフマニノフで終わりそうな予感。。。




[PR]

上野と銀座へ

雨の日曜日。。
今日もラフマニノフの弾けない所と格闘(汗)
いろいろな弾き方を試しているけれど、まだ解決できないまま。
お昼をはさみ、午後も少し練習。
雨が上がったので、ちょっと出かけることに。

まず上野へ。
東京藝大奏楽堂で行われる、モーニングコンサートの前売券を買うためです。
6月26日は務川慧悟さん、7月24日は阪田知樹さんのピアノコンチェルト♩
当日券販売もありますが、おそらく行列になりそうなので(炎天下に並ぶのは避けたいし)前売券を買っておくことに。
楽しみができました(^-^)

その後、銀座へ行きヤマハホールの「音楽大学フェスティバル」を聞いてきました。
首都圏の音楽大学から選ばれた学生さんの演奏。
声楽とピアノのプログラムが並びました。

会場は6割くらいの入りでしょうか。
学生さん、出演者の御家族、先生と思われる方がほとんどでした。

ピアノは、シューマン、リスト、ラフマニノフ、フォーレ、スクリャービンと大曲がずらり。
私が好きな演奏は、聞いていてわくわくドキドキするタイプ(笑)


最期に弾かれたのは務川さん。
曲はスクリャービンのピアノ・ソナタ第5番。大好きな曲です♪
今も頭の中をぐるぐるとまわっているほど刺激的で熱い演奏でした。
ダイナミックな音量であってもうるさくない、非常にコントロールされた深い響きやどんどん進んで行く嵐のような展開。
先日のショパンのコンサートの時とは別人のよう。
でも、やはり情熱的でありながら冷静さが感じられました。

将来が楽しみな学生さんの演奏が、これからどんな風に変って行くのかが楽しみです。
あ~これって、孫の成長が楽しみなおばあちゃんの心境かも・・・(-.-)


[PR]

弾けない~

今週は、病院に歯医者にいろいろと用事があり毎日バタバタ。
時間が上手に使えないので、練習しなくちゃ~と思いながら気がつくとたいてい7時過ぎ。
ご近所の手前、練習は8時までと決めているので、1時間も練習ができない日ばかり。

夜、ラフマニノフをズンドコズンドコ(笑)弾くのは気が引けるので、もっぱらラフマニノフの中間部とシューマンを練習。
一番問題が山積みの、ラフマニノフの和音練習がやっと今日できました。

前回のレッスンで、先生の言われた通り弾いたら「あら、弾けた!」と思ったのに、今日はやはり重くてにごったうるさい和音へ逆戻り。
あの時弾けたのは瞬間芸だったのか!?

大きな大きな壁・・にどう立ち向かえばいいのか凹みつつ、レッスンで言われたことと弾いた時の手の感覚を思い出そうと、とにかく繰り返して練習。
来週のレッスンで、再度教えていただきます。

もうすぐ7月。
こうなったら、もっともっと磨いて(?)人前で弾けるところまで仕上げようかと考えています。
ラフマニノフ、むずかしい~(/_;)
でも弾けるようになりたい!!



[PR]

「死後のプロデュース」

金子稚子「死後のプロデュース」→金子哲雄「僕の死に方エンディングダイアリー」→金子稚子「金子哲雄の妻の生き方」という順番で3冊を読みました。

突然の余命宣告を受けながら、病気を隠して仕事を続ける生活を選択する哲雄さん。
夫の生き方を尊重し、支え続ける稚子さん。
どんなに状況が悪く、重くてつらくて心が苦しくなる状況でも、前向きなご夫婦のあり方に人間の強さや勇気を感じました。

もし、自分の家族に死が迫った時、はたして本人の「どう生きていきたいか」という希望に沿うことができるのか自信はないけれど、でも、本人の気持ちを尊重する勇気を持ちたい。
でも、その場になったら生きてほしい、という願いを押しつけてしまいそうな気がします。
考えたくないけれど、そういう時がいつか必ず来ることを覚悟しなければいけないという現実。
読みながら、自分ならどうするだろうと、考えさせられる本でした。










[PR]

ラフマニノフ

先週末、久しぶりにオケの演奏会へ行ってきました。
学生時代に住んでいた街、M市管弦楽団。
その頃は、音楽とは無縁の女子大生だったので(笑)、この街に素晴らしいコンサートホールや市民オケがある事は全く知りませんでした。残念!

ベートーヴェン:フィデリオ序曲、ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、チャイコフスキー:交響曲第5番、と重厚なプログラム♩

今回の一番のお目当ては、以前からぜひ聞いてみたいと楽しみにしていたピアニストのY氏の演奏。
情熱的だけど冷静さも感じる、感情に流されない大人の演奏、という印象でした。
ラフマニノフのピアノ協奏曲は、2番、3番、パガニーニの主題による狂詩曲、とどれも大好き。
聞いていると、彼の人生の山や谷を感じさせる悲しみや喜びなどいろいろな感情がすごく伝わってきて、目がうるうる(/_;)

そうだ、私もこの曲を作ったラフマニノフを練習中だった(笑)
こんなに雄大で感動にあふれた協奏曲を作った作曲家の曲を、自分が弾けることの喜びをすっかり忘れていました。
がんばろうっと!


[PR]

レインブーツ

冬の2度の大雪の時に活躍したレインブーツ、久しぶりに雨の日に履いたら、片足だけ水がしみてくる(>_<)
お世話になりましたと処分。

近くのお店にはサイズもデザインもほしいものがなく、ネットで探しています。
よく見かけるジョッキー風のレインブーツではなくショート丈のブーツとなるとなかなかない~。
そして、やっぱり試し履きをしないと不安・・・。
さてどうしたものか?
早く買わないと雨の日は近い!!

[PR]

レッスン

2週間ぶりのレッスン。
この2週間、あまり練習に身が入らず⇒曲が進歩していかない⇒イヤになるスパイラルでした(笑)

今日は曇りだったので、ひとつ前の駅からがんばって歩いていきました。
もうこれ以上暑くなったらムリ(-.-)

ピアノとはほぼ関係ない近況報告をして(笑)、ラフマニノフ(前奏曲Op.23-5)へ。
まずは1回通して弾きましたが、出だしから湿度100%?の重い音。
中間部は力んでしまい、腕に力が入りっぱなし。
後半も重くてもわんとした音の行列に。。。

・打鍵スピードが遅く、弾いた後に押し込むので音が重くなる。
・中間部はもっと手首~腕の力を抜いて。今は腕が突っ張っている。
・スタッカートを弾く時に、弾いた後に手を上げない。

スタッカートの弾き方って難しいとよく思います。
打鍵する時に、力が入っているので肝心の打鍵時にスピードが出ない。
手~手首~腕の力を抜いているつもりでも、弾く直前に力が入っている。

この曲を始めたのが3月の終わり。3か月経ちますがまだまだ~です。

続いて、シューマン(幻想小曲集「夕べに」)。
最初の1段目でストップがかかりました。

・右手のメロディーの音が聞こえてこない、打鍵スピードが遅く押し込んでいる。
・左手で曲を前へ進めるように弾く。

素直にすとんと指を落とす、というとっても簡単な事ができない(>_<)
変な力(力み?)が入っているためみたい。
キーボードを打つように、鍵盤を叩くイメージでしょうか。

今回は、打鍵と手首~腕の使い方のお話が多かったです。
は~不器用なので、なかなか自分のモノにはならないけれどがんばろうっと。










[PR]

務川慧悟 ランチタイム・コンサート♪

2年前の日本音楽コンクールの本選以来、ひそかに(?)応援してきた務川さんのピアノを聴きに行ってきました。
表参道のカワイへ行くのも久しぶり♩
「ショパン・フェスティバル2014 in 表参道」は6月2日~7日まで開催中で、期間中はランチタイムコンサートとイブニングコンサートが開かれています。

務川さんのプログラムの副題は「光と影のショパン ~その心の両極を探って~」
内向的な曲と華やかで貴族的な明るい曲を組み合わせたプログラムで、調性にもこだわった(すみません、ニュアンスがやや違うかも)そうです。

~プログラム~

バラード 第3番 変イ長調 Op.47
ノクターン 変ホ長調 Op.9-2
ノクターン ホ長調 Op.62-2
ワルツ ヘ長調 Op.34-3
マズルカ イ短調 Op.17-4
マズルカ ヘ短調 Op.68-4
幻想曲 ヘ短調 Op.49
ポロネーズ 変イ長調 Op.53「英雄」

*アンコール*
2つのブーレ
エチュード ハ長調 Op.10-1

ソロの演奏をお聴きするのは初めてでしたが、まろやかな音の美しさと温かさ、軽やかなフレーズのキレ、長いフレージング、際立って聞こえてくる歌(変な表現ですが)がとても印象的。
幻想曲と「英雄」はそれまでの抑えた感じから一転して、エネルギーがあふれる熱い演奏でした。

アンコール1曲目の「2つのブーレ」は初めて聞きました。
ショパン、晩年の曲だそうですが、あまりにもシンプルで、唐突な終わり方に、この曲は子ども時代の作品??と思ってしまいました(笑)
次は、違う作曲家の作品を聴いてみたいです001.gif
久しぶりにショパンをたくさん聴いたら、ショパンが弾きたくなってしまいました。
苦手意識が強くて。。。(>_<)
エチュード、弾いてみようかしら。


コンサート後、一人ご飯は苦手なのですが、大好きな青山アンデルセンのB1でサンドイッチのランチ♪
アンデルセンのパンはおいしくて大好き。
店員さんがとても親切かつフレンドリーだったので、「一人ランチ@表参道」という私にはかなりハードルの高い状況でも楽しく過ごせました(^-^)
楽しかったので、またコンサート&一人ランチの計画を立てようかな。





[PR]

アウトレットへ行ったのですが

久しぶりにアウトレットへ。
あれも買いたい、これも買いたい、と期待と気合でわくわく。
到着すると、すぐに即決即断の夫は迷いなく、お目当てのゴルフウエアや服をさくさく購入。
娘の服も何点か購入。
いよいよ私の番。
お店をぐるぐると見て回るものの、これがほしい!と思えるものがなかなかなかったり、今買わなくてもいいかもと思ったり、値段を見てう~んとうなったり・・・で、結局何も買えないまま、暑さもあり気持ちが切れてしまい帰宅。
物欲がなくなったのか、判断力が衰えているのか、私大丈夫かしら(-_-)

着たい服と着られる服、似合う服がどんどんずれてきている現実もちょっとつらい~。
まずは、体型をもう少し何とかしなくちゃ(>_<)


[PR]