piano diary

<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

トマト成長中

5月に植えたトマトのフルティカとアイコがぐんぐんと成長しています(^-^)
数年前に植えたゴーヤと同じく、水やりと時々肥料をあげるだけですが、育ってくれてうれしい。

フルティカは私より高くなり、見上げるほど、アイコは同じくらいの丈になりました。
これ以上伸びると支柱を超えてしまうので、成長を止めるため摘心をしました。

今朝のフルティカ(上)とアイコ(下)。
明日は、いよいよ待ちに待った初めての収穫となりそうです♪


f0267023_07583057.jpg


f0267023_07583078.jpg
[PR]

楽しみ

まだ6月ですが、自分へのクリスマスプレゼントを買いました(笑)

ずっと行きたいと思いながら、何年もごぶさたしていた大好きな劇団四季♪
”アラジン”の12月公演のチケットを娘と2人分買いました。
娘は初めての四季のミュージカル♪
楽しみ(^-^)









[PR]

レッスン

今日は梅雨の晴れ間。
蒸し暑くもなく、風が心地よい天気の中レッスンへ。

モシュコフスキー 20の練習曲
♪5番
2回目。
左手の16分音符をなめらかに、親指くぐり(苦手)の時に手首が下がらないように気をつけて練習→よくなったと言っていただけてほっ。
右手も2拍を一つで弾くように注意して、もう一度通してOK。

♪6番
これは両手ともに指使いが難しく、音も不思議な動きをするのでまだまだよちよち状態。
・動きの中にある、メロディーを感じて、左右の3度のハーモニーをよく聞いて弾く。
次までにテンポアップ。

モシュコフスキーの曲は、転調や独特な和音がとてもきれいで、弾いていてとても楽しい♪

シューベルト OP.90-1 2回目
・出だしの和音をどういう音で弾くのか?
・弱い音を弱々しく弾かない。指先をかためて弾く。
・和音を弾く時の手の形。アーチがつぶれるので支えをしっかりと。
・三連符が続くところ、123123・・と数えるのではなくて、流れを感じて。
・強い音を弾く時、突っ込んで弾かない。

時間が無くなり、モーツァルトは次回に。



[PR]

THE BEETHOVEN JOURNEY♪

アンスネスとマーラー・チェンバー・オーケストラ(MCO)の”THE BEETHOVEN JOURNEY"、ボックスCDが届きました。
ピアノコンチェルト全曲と合唱幻想曲が収録されています。

f0267023_12322709.jpg
先月、オペラシティでのアンスネス&MCOのコンサートはチケットが取れず、その日聴きに行かれた方から、とてもとても素晴らしかった!!と聞きがっくり(/_;)
せめてCDで楽しもうと注文。
好きだな~アンスネス♪

どの曲も好きなのですが、やっぱり子供のころから好きだった5番は特別!



[PR]

パンク(>_<)

車を運転するようになり25年近く。
初めてタイヤがパンクしました(涙)
普段、タイヤの点検をすることもなく、ガソリンはセルフスタンドで入れているので空気圧のチェックもせずに乗っています。
たまたま車を停めてふと見たら、右後ろのタイヤがぺったりとしている!
夫がいたので見てもらい、これは・・・パンク!?(笑)
夫もパンクは初めてでした。

近くにオー〇バックスへ行き見てもらったところ、どうやら空気が抜けたままずいぶん走っていたようで(違和感ゼロ)修復できないためタイヤ交換となりました・・・痛い出費(>_<)
事故になる前に気がついてよかった。
しかし・・・車を替えて2か月あまりでパンクするなんてついてない~(/_;)


[PR]

レッスン 

発表会後、初めてのレッスンへ。
発表会がずいぶん前の事のような感じです。

新しい曲は、先生にご相談しようかと思いましたが、弾きたい曲に決めて譜読みしていきました。

♪モーツァルト「デュポールのメヌエットによる九つの変奏曲」
♪シューベルト 即興曲 Op.90-1

即興曲は、90-1か142-3か迷い、弾きやすい方からと90-1に。
2曲とも、変奏曲形式です。
変奏曲は、とても久しぶり♪

その他、モシュコフスキーOp.91-5も見ていただきました。

家では何となく弾けているような気持になっていますが、レッスンで弾くと、自分の弾けない所や苦手な所がとてもよくわかります。

☆今日のまとめ
モシュコフスキー:もっと手首を柔らかく、音の粒をそろえる。

モーツァルト:音の粒をそろえて、もっと軽やかな音で。
拍子が感じられるように。

モーツァルトはとても苦手意識が強く、避けてきました。
”モーツァルトらしい音”が出せるようになりたい♪

シューベルト:譜読みの段階から、音楽の流れやフレーズのまとまり、イメージを持って弾くように。
音をただ機械的に弾かない。

3曲とも、音楽の流れが初めから最後まで途切れないように弾くこと。

発表会まで半年、きっとあっという間にやってきます。
モーツァルトとシューベルト、どちらを弾こうかな(^-^)





[PR]

私に合っている曲?

発表会が終わり、次の曲を譜読み中。
前から決めていた、モーツァルト「デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲」。
年末に予定されている次の発表会ではこの曲は弾かないつもりなので、もう1曲、発表会で弾く曲を決めて譜読みを始めたいのですが、なかなか決まらない。
そんな時、”(アマチュアは)自分に合った選曲が大切”という言葉を目にしたので、ますます決まらない(笑)

半年後の発表会(こじんまりとしたホール)と、1年後の発表会(広いホールの予定)の曲を決めて、半年後の曲とモーツァルトを練習→モーツァルトが終わったら、1年後の曲を始めようと考えています。
まあ、そんなに簡単に苦手なモーツァルトが終わるかどうかもあやしいのですが・・・。

ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーンが候補なのですが、私に合っている曲はどんな曲なのでしょう?






[PR]

6月

今日から6月スタート!
いよいよ雨のシーズン、暑さも厳しくなる・・・ふ~(-_-)

今日は、娘がお休みだったのでソラマチのプラネタリウムへ。
10時にソラマチに着き、すぐにチケットを買い、上映時間までおやつタイム(笑)
カルビープラスで”できたてポテトチップス(というほど熱くなかった)とアイス(これが濃厚でおいしかった♪)セット”を買い、木陰でのんびりと食べました。
スカイツリーと青い空♪

f0267023_16461723.jpg

[PR]

発表会(2015.5.31)

教室の発表会が終わりました。

お友だちが、夏のような暑さの中を聴きに来てくださいました。
いつもありがとうございます♪


前半はお子さんの部、休憩をはさみ大人の部。
休憩で(毎回ですが)お子さんとご家族・友人の方はお帰りになるので、大人の部は生徒の弾きあい会のようなリラックスした雰囲気です。
今回で3回目となり、大人の生徒さんとも顔なじみになり和気あいあいとした休憩時間。

それでも、本番が始まればみなさん、うってかわって緊張した面持ちでピアノの前へ。
集中して弾かれる姿、曲への熱い思いが伝わる演奏、歌が聞こえてくるような演奏を聴いていたら、緊張がほぐれて落ち着くことができました。


5日前のレッスンから本番まで。
注意されたことを少しでも直したかったのですが、なかなかうまく行かず、今まで暗譜の不安がなかった所が突然わからなくなり気持ちばかりが焦っていました。
当日のリハでは、いろいろ考えてしまい、音をもっと聞かなくちゃと思いながら何となく乗り切れませんでした。
先生からももっと勢いをもって弾くようにと言われました。

順番を待ちながら、今日は崩れてしまってもいいから、思い切り勢いに乗って弾こうというスイッチが入りました。

勢いをつけようと弾き始めのテンポがいつもより速くなり、和音が濁る、バランスが悪い、音を間違えた、外した・・とひやっとすることが何度もありましたが、途中でとても弾いていて楽しく心地よい瞬間もありました。

この曲の持つ激しさや流れに、乗れたかな?


さて。
気持ちを切り替えて、次の曲です。
何を弾こうかな?








[PR]