piano diary

ターニングポイント

週末、友人に誘っていただき、シャネル・ピグマリオン・デイズ・コンサートへ行ってきました。
今回はピアノ、實川風さん。

昨秋、浜松ピアノ国際コンクールでの動画配信で演奏を聴き気になっていましたが、今回初めてのライブ。
1時間余りの短い時間の中で、ベートーヴェン、 ショパン、ビゼー、ラヴェル、と様々な時代の作品をご本人の解説をまじえて聴くことができました。

この、シャネルのコンサートへ行くのは3回目。
毎回、魅力的な若手アーティストの演奏を、無料で聴くことができるというありがたい催し。

最近気になるピアニストは、これからきっと大きくなるだろうと思う若いピアニストばかり。
いつか、彼、彼女たちも、このコンサートのアーティストに選ばれますように♪


会場で、思いがけずうれしい出来事が!
なかなかお会いできない、ピアノつながりの知り合いお2人も、コンサート会場にいらしたのです!

終わってから、一緒にお茶を飲みながら、ピアノトークで盛り上がりました。
みなさんと楽しく話をして、ひさしぶりにゲラゲラ笑ってしまいました。
笑うっていいですね~。

みなさんと別れてから、なんだかとても気持ちがさっぱり・すっきりして、春なのだし、何か新しいことを始めたいと思い、じゃあ、ブログを再開しよう!と決めました。

私にとって、ちょっと大げさだけど、ターニングポイントの1日だったような気がします。
[PR]

はじめまして

はじめまして。
もしかしたら、おひさしぶりです♪

40才の時、長い長いブランクのあったピアノを再開し、レッスンへ通い始めました。
気がつけばもう8年目になります。


ピアノの練習やレッスンのこと、音楽にまつわること、くらしのことをマイペースで書いていきます。

どうぞよろしくお願いします♪

sand(^-^)
[PR]