カテゴリ:手のこと( 17 )

 

腱鞘炎その後

右手親指の腱鞘炎は、5月にステロイド注射を受けてからは落ち着いています。
ただ、関節がまだ引っかかる時があり、次に再発した時の治療を相談しようと、新聞で知った病院に5月に予約を入れ、今週行ってきました。
今までの経緯を話したところ
・ステロイド注射は3回まで(何度も注射すると腱が切れることがある)3回注射後に再発した場合は手術を勧めている
・手術は再発したら診察⇒3週間前後待つ、か再発する前に自分の都合の良い時期に受けるか選べる
ということでした。
私は注射を3回受けたのでもう注射はできません!
再発したら?再発する前に?と悩みますが、こちらの病院で手術をお願いしようかと思います。
・・・手術怖いなあ





[PR]

by pianosand | 2018-07-20 19:46 | 手のこと | Comments(0)  

整形外科へ

2週間ぶりに整形外科へ。
とても寒くて雨も降っていたので重ね着をしていったら、電車内も病院内も暖房が入っていて暑かった。
くの字に固まっていた親指の関節が少しずつ伸ばせるようになり、今は力を入れて関節を押すとまっすぐに伸びるようにまでなりました。
伸ばすときには、ばね指のようにカクンと引っかかります。
先生からは、ずいぶん良くなってきているのでストレッチを続けること、また2週間後(来週と言われましたが遠いので難しい)に受診するように言われました。
関節の引っかかりがなくなれば病院通いも終わりそうです。

発表会の曲は、今まで弾けていたところが弾けなくなったり、暗譜が落ちたり・・・不安なところが増えてきて、どう弾けばいいのかわからなくなってきました。
来週の最後のレッスンで見ていただき、数日で本番です。
ひどい演奏になってしまうかも。。ってネガティブなイメージはだめだめ。



[PR]

by pianosand | 2018-05-09 14:52 | 手のこと | Comments(2)  

体調と腱鞘炎

ブログ、気になりながらも書かないままでした。
今年の冬は、熱を出して二度も寝込み、週に何度かはめまいに襲われ、腱鞘炎もよくならないまま。。のさえない数ヶ月でした。
毎朝起きると、今日は大丈夫?めまいきてない?と不安な気持ちで始まるほど。。
外出先でめまいが来たらどうしようと思い、電車に乗って出かけるのは極力避けて、出かける時は御守のようにめまい止めの薬を持っていく。
こんな状態の時は、ココロも前向きになれず。。
腱鞘炎も、関節がまっすぐに伸ばせない状態になっていたのに、ピアノが弾けないわけじゃないし、すごく痛いわけじゃないし、電車に乗り1時間かけて行くのはおっくうで病院へ行かないままでした。

いわゆる更年期の不定愁訴に悩まされて、2年ほど飲んでいた漢方薬。
何種類か飲んできたものの、いろいろとありやめることにしました。
最初は不安で、症状が悪くなったらどうしようと思ったのですが、意外と変わりがないのです。
少しずつ、薬を飲まなくても大丈夫と自分に自信がでてきて、やっと気持ちも前向きになりかけてきました。

今週、1月以来行っていなかった腱鞘炎の病院へ。
真っ直ぐにならない親指を見て、先生は、「どうしてこんなになるまで来なかったの?固まってるよ。」と半ばあきれられました。。
今までは注射をすればすぐに良くなっていたのですが、どうやら今の状態で注射をしてもダメみたいです。
炎症をとる内服薬を飲みしばらく通うように言われました。

帰り道、数ヶ月も放置していた自分にあきれ凹みながら、治らなかったらしょうがないと諦めのような気持ちも少し。

発表会まであとひと月。
今までで一番仕上がっていません。。がんばろうと思うのですが。。。




[PR]

by pianosand | 2018-04-19 13:11 | 手のこと | Comments(6)  

整形外科へ

右手親指の腱鞘炎。またばね指になりかけてきました。
練習後や朝、ひっかかりが気になり、痛むことも増えてきました。
お灸や冷やさないようにしてきたけれど、病院へ行くことに。
2年前に診ていただいた、練馬区のS整形外科へ。
レントゲン、エコーを撮り、手を温めるパラフィンパックをして、炎症止めの薬を2週間出されました。
腱注射を覚悟したのでちょっと拍子抜け。
あれこれ忙しい年末年始ですが、手を使いすぎてこれ以上悪くしないようにしなくちゃ(これが難しい)

[PR]

by pianosand | 2017-12-23 22:13 | 手のこと | Comments(0)  

初・お灸

急に季節が進み、寒くなりました。
ショパンのノクターンは手を大きく広げるところが多く、その度に右手親指にイヤな痛みが出始めました。
昨日あたりから、親指の関節が固くなってきて、まっすぐに指が伸ばせなくなってきました。
このまま行くと、またばね指になりかねずちょっと焦っています。
今日は練習はお休み。

レッスンへ行った時に、先生からお灸をいただきました。
ネットで「腱鞘炎 ばね指 お灸」と検索したら、効果のあるツボの場所がわかったので、初めてお灸をすえてみました。
ほんわりと温かさを感じる程度で、お灸=アチチ!のイメージとは大違い(笑)
血行が良くなるので、毎日続けたら効果が出そうです。





[PR]

by pianosand | 2017-11-23 15:03 | 手のこと | Comments(0)  

また腱注射

今日は一ヶ月ぶりに整形外科へ。
手外科専門の先生の診察です。
ストレッチを続けて様子を見てきましたが、ばね指は変わらず。
先生からは、このままストレッチを続ける、腱注射をする、手術をする、のどれにしますか?と言われて考え込んでしまいました。
ストレッチをしてもおそらく良くはならない、腱注射は一般的に3回までしかできないからチャンスはあと2回、手術は困るし怖い。
ということで、腱注射をお願いしたところ、先生から「痛いですからね」と念押し。

1年前に違う病院で注射していただいた時は、針を刺す時の一瞬チクリとした、という程度。
細くて長い針だったなあ。。。と思い出していたら、先生が持ってきたのは予防接種で使うような短い針の注射!
え、注射が違う、あ、指すところも違うよ・・と思ったら、注射。
痛い!!そして、薬が入ってくる間も痛い!!
「痛いです」と思わず言ったら、「そうですよね。だから痛いと必ず打つ前にお話ししてるんです」と先生。
今日は、しびれが残るので安静にして、明日からストレッチを再開するように言われました。

注射をしてから8時間ほど経ちましたが、にぶい痛みがまだあります。
ストレッチをして、ピアノは様子を見て再開。

こんな痛い目に合うのはもうイヤなので、まじめにストレッチをして、腱鞘炎にならないようにしよう。





[PR]

by pianosand | 2017-01-12 19:08 | 手のこと | Comments(0)  

腱鞘炎再発?

明日から師走。早いです。

ピアノは、ソロ練習だけになりショパンのエチュード二曲とモシュコフスキーの練習曲の三曲を練習中。
秋になった頃から、右手の親指の付け根や関節が痛むことがあり、前に整形外科で出された塗り薬を時々塗っていました。
ソロだけの練習になり、エオリアンハープを長く弾いていると痛むようになってきました。
マズイ…去年ばね指になった時のように、時々指がカクンと引っかかることも。

来年の発表会でエオリアンハープを弾くつもりでしたが、ムリをして弾き続けていくのが怖くなりました。
もう少し負担の少ない曲に変えようか(間に合うのか(◎_◎;))、どうしよう…
[PR]

by pianosand | 2016-11-30 17:21 | 手のこと | Comments(4)  

整形外科と人間ドックへ

整形外科で腱注射を受けてから10日あまり。
親指のつけねの痛みはほぼなくなり、くの字に固まっていた指も少しずつまっすぐに伸ばせるようになってきました。
昨日診察を受けたところ、冬場は悪くなりやすいので、引き続き炎症を抑える飲み薬を続けるように。ピアノの練習も大丈夫。
パラフィンパックをして終わりました。次回は2週間後。

今日は年に一度の人間ドックへ。
今回、初めて胃の検査を内視鏡にしました。
のど麻酔の薬を飲んだ後、鎮静剤の注射をしたのですが、途中何度かむせて意識が戻り・・・(;_;)
検査後の回復室でうとうとと眠っていました。薬が効くのが遅い~。
とりあえず終わったのでほっ。疲れたあ。






[PR]

by pianosand | 2016-01-26 21:32 | 手のこと | Comments(4)  

腱鞘炎だった

ピアノの先生からご紹介いただいた整形外科へ行ってきました。
問診、レントゲンの後にエコーを受け、先生が画像を見ながら「ほら、ここがせまくなっているでしょ?腱鞘炎だね」。
今まで通った病院でも2度エコーを受けて「腱鞘炎ではない」と言われていたので、心の中ではえ!?(゚∀゚)

指を使わないようにしてきたからか、親指の第一関節がくの字に固まってきていて、先生は「関節が固まると腱鞘炎が治るのには時間がかかかるよ。もっと早く来ればよかったね」と言われ、またガーン・・・。
パラフィンパック(温めて痛みを軽くする、血行を良くする)を受けてから、腱注射を受けました。
腱注射の針は今まで見たこともないようなカーブした長~い針で、ちょっと痛かった・・・(;_;)

注射の後はしばらく指が軽くしびれていましたが、数時間するとなくなりました。
炎症を抑える飲み薬(1日2回)、鎮痛消炎効果のある湿布(夜寝る前に貼る)と塗り薬(1日4~5回塗る)を出されました。

先生は、次の日からピアノを弾いていいと言われましたが、数日してからおそるおそる弾いてみました。
オクターブの和音のように、手を開く所は、関節が伸びるのでピキッと痛みます。
久しぶりなので、なんだかずいぶん音がこもっていました。

注射前に比べると、ふきんを絞る時やペットボトルのキャップを開ける時など日常動作での痛みはずいぶん減り、くの字に曲がっていた関節が少しまっすぐに近づいてきたので徐々に良くなっているようです。
ピアノは、少しずつ、時間も短めに休みながら弾いていこうと思います。

先生から、腱鞘炎になった原因は弾き方ではないと言われましたが、これからは手を傷めずに弾いていけるように弾き方や身体のの使い方を考えなおしてみようと本を借りてみました。

f0267023_16002141.jpg



[PR]

by pianosand | 2016-01-20 16:02 | 手のこと | Comments(4)  

2ヶ月経ちました

ピアノの練習をお休みして、はや2ヶ月。
右手の親指はあいかわらず、伸ばすとカクっとつっぱりピキッと痛みが走り、軽くくの字のように曲がったまま。
今は治療を受けていないのですが、このままただ様子を見ていたら治るのか・・・考え出すとネットであれこれ探して時間が過ぎていきます。
ピアノを弾かない生活も慣れてきましたが、ピアノが置いてある和室のふすまをいつも閉めて、ピアノを見ないようにしています(笑)
関節痛はあまり出なくなってきたので、年が明けたら左手だけ練習を再開してみようかな。





[PR]

by pianosand | 2015-12-30 15:25 | 手のこと | Comments(0)