カテゴリ:演奏会( 13 )

 

久しぶりの連弾

昨日は、約2年ぶりの連弾の本番でした。
相方さんと連弾を始めて8年ほど。
ブラームス、ラフマニノフ、シューマン、F・メンデルスゾーン、ドヴォルザークと弾いてきましたが、今回は相方さんからシューマンの「東洋の絵」を提案され第1曲、第3曲を選びました。
相方さんの発表会での演奏だったので、2回レッスンを受け、合わせ練習は4?5回ほど。
音楽的にとても豊かな発想をもつ相方さんが、できるだけ気持ちよくストレスなく弾けることを目指したのですが、私には難しくて、音楽の流れを止めてしまったような気がします。
素晴らしいホールで、素晴らしいピアノを演奏できたので、自分の演奏はさておきよい経験ができました。
演奏後、聴きにいらしてくださったお友達から温かな言葉をかけていただき嬉しかったです。
いつもありがとうございます。



[PR]

by pianosand | 2018-07-30 12:31 | 演奏会 | Comments(4)  

発表会(2018.5.19)

第8回発表会
*”サウンド・オブ・ミュージック”メドレー(連弾)
*ショパン ノクターン第17番、第18番

昨日は教室の8回目の発表会でした。
発表会の選曲はいつも悩みますが、今回は発表会まで時間があるのでショパンのノクターンにチャレンジしました。
ゆらぎや和音の変化など美しいショパンらしさを表したいと思ってきましたが、私にはとても壁が高くて、やっぱりショパンには向いていないと何度も思いました。
それでも、大好きな二曲を発表会に向けて自分なりに練習してきたことは良かったと思います。

本番直前のリハーサルは予定時間内には終わらず、最後に弾く私の番が来たのが開演予定の10分ほど前。
座席にはすでにお客様の姿もありました。
緊張が倍増したまま、楽譜を持たずにピアノへ向かい弾き始めたのですが、すぐに、今まで間違えたことのないところで音がわからなくなり止まってしまうこと2回。
楽譜を取りに行き最後まで弾き通しましたが、頭の中は”やってまった”(半分、青い風)がぐるぐると周り続けていました。
どうしよう、どうしよう、弾けないと心臓がバクバク。

すぐに本番が始まり、まずお子さんの演奏。
純粋に音楽を奏でている、変に作ろうとしない素直な演奏はとても心に響きました。

続いて連弾コーナー。
大人の生徒4人と先生で、”サウンド・オブ・ミュージック”メドレーを順番に弾きました。
私は、いつもお嬢さんと連弾を弾かれている生徒さんと一緒だったので、とても合わせやすく楽しく弾くことができました。

休憩に入り、次は大人のソロの部。
頭の中では、①楽譜を座席に置いて暗譜で弾く②楽譜を見ながら弾く③楽譜を用意して行き、暗譜で弾きはじめてわからなくなったら楽譜を見る、のどれにしようかずっと考えていました。
先生からは「楽しく弾けばいいのよ。楽譜を見たっていいのよ。」と声をかけていただき、そうだと思う半面、ここで最初から楽譜を見ながら弾いたら暗譜の練習がムダになるとせこい考えも浮かびます。
”悩んだら難しい方を取れ”(どなたかが言われていた言葉)を思い出し、間違えたって止まったっていい、恥ずかしい経験もムダじゃないと思い、③に決めました。

そして、自分の番。
楽譜を持っておじぎをし、譜面台を立てたまま楽譜は横において弾き始めました。
リハーサルで止まってしまったところはとりあえず間違えずに弾け、少しずつ落ち着いてきました。
音がわからなくなり止まってしまうのが怖くて、勢いや流れ、ゆらぎのない演奏だったと思います。
レッスンではくりかえし、音楽の流れのことを教わったのにやっぱりできなかったなあと思いながらも、とにかく最後まで弾けました。
一日経ってみて、もう少し流れのある演奏がしたかったと一番思います。

今回も、お友だちが聴きに来てくださいました。
いつも励ましていただいたり、演奏後に良かったよと言葉をかけていただいたり、とてもありがたくて嬉しかったです。

発表会も残り2回となりました。次は年末の予定です。さ、次の曲を決めなくては^^;

[PR]

by pianosand | 2018-05-20 22:21 | 演奏会 | Comments(10)  

ふわふわ音楽会♬

12月9日(土)晴れ174.png

f0267023_14044611.jpg
お友だちのふわふわさん主催の”ふわふわ音楽会”に参加させていただきました。
前回参加したのが2014年。
久しぶりの西洋館は、外壁も屋根も塗装されたそうで、とてもきれいになっていました。
こちらのグランドピアノはとても弾きやすく、音がキラキラしていてホール内にとても響くので大好き♬

今回は22名の方が参加され、4部構成でした。
私は1部だったので、早く弾き終え、落ち着いてゆっくりとみなさんの演奏を聴かせていただきました。
優雅な演奏や情熱があふれてくる熱い演奏、さまざまでしたが、どなたの演奏もピアノ愛が伝わってきて、心がほんわかと温かくなったり、言葉が出ないくらい圧倒されたり。
とても楽しく、自分もがんばろうとチカラをいただきました。

私は、リスト「軽やかさ」を弾き納めてきました。
親指の関節が固まってしまい指を伸ばせず、和音を外したり、途中で暗譜落ちしてわからなくなり止まってしまうというヒドイ演奏でしたが、それでも、自分なりに音楽に乗って弾けたところもあったのでよかったことにします。
自分に甘いなあ。。笑

大人になりピアノを再開した時に、「歌うような演奏がしたい」「ヘタでも気持ちが伝わるような演奏がしたい」と思いました。
それから10年余り。さて、今の自分の演奏はどう?
弾くことに一生懸命で、キカイのように指を動かして弾いているだけじゃない?とあらためて思いました。
ピアノ、むずかしいなあ。


[PR]

by pianosand | 2017-12-11 14:40 | 演奏会 | Comments(4)  

発表会(2017.9.23)

発表会が終わりました。
今回は、19時過ぎからの開演だったので、お友だちにお知らせしていなかったのですが、相方さんが聴きに来てくださいました。
弾く前に少しお話しでき、リラックスすることができました。
いつも応援していただき感謝しています。

曲は、リスト「軽やかさ」
とても難しく、直前まで弾くことに追われて、いちばん大事などう歌うかを決めきれないまま時間切れになりました。
本番は、呼吸を意識して、できるだけ音を聞こうと思いピアノの前へ。
演奏は、レッスンで先生に言われたことはあまりできなかったと思います。
ひとりよがりの、自己満足の演奏になっていなければいいのですが、自分ではわかりません。
とりあえず、終わりました。ほっ(*´ω`*)

頭を切り替えて、次の曲を決めます。楽しみ♫
譜読みと弾くことに追われずに、少し余裕のある曲の方がいいかも。

追記♫
発表会が終わった後、まだ時間があるということで、もう一度弾きたい方はどうぞ~という先生の呼びかけで、2巡目の演奏が始まりました。(私はもう無理ですとパス)
みなさん、本番に比べてリラックスしていて、音がとても伸びやか。
緊張すると、カラダが固くなり、音が固く縮こまってしまうのだなあと思いました。

同門の生徒さんは、年齢も性別もさまざまです。
お仕事や家事・育児で忙しい中、一生懸命練習されているのだろうと想像して胸が熱くなりました。
偶然の縁で、先生と生徒さんとこうして一緒にピアノを弾ける自分は、恵まれているとつくづく思いました。
ピアノを弾いてきてよかった♫



[PR]

by pianosand | 2017-09-23 23:24 | 演奏会 | Comments(2)  

発表会(2017.2.19)

発表会が終わりました。

今の先生に教わり始めた頃は、発表会は行われていませんでした。
その後、発表会を10回だけ行う、ということで始まりました。
1回目から参加していて、今回が6回目。
一度、ばね指で参加できなかったので、私は5回参加しています。

子どもの生徒さんは、発表会で会う度にぐんと大人びていて、演奏も上達されています。
大人の生徒さんは、大人からピアノを始められた方が多いのですが、みなさんの上達の速さといったら、うらやましいばかりです。

今回は、エオリアンハープを弾きました。
練習中、秋から1月まで腱鞘炎・ばね指になり、思うように練習ができませんでした。
短い曲ですが、テクニック的に難しいところが多く、音楽的にももっとショパンらしく弾きたいと試行錯誤してきましたが、納得出来ないまま本番になり、不安いっぱいで、演奏前今までで一番緊張しました。
緊張が最高潮の時、思い出した言葉は、五嶋みどりさんが言われていた”素直に、ただ素直に”という言葉。
素直に弾こう、素直に弾こうとと念じました。

そして、演奏は緊張していたとはいえ、もっと思い切りよくのびのびと弾きたかった。
体(背中~肩)に力が入ってしまい思うようには弾けませんでした。
もっと、音楽の広がりを表現できるようになりたい!

お忙しいところ、お友だちが聴きに来てくださいました。
舞台でおじぎするときに、真正面に座っていらして、笑顔で見守っていただいたのがありがたかったです。
こうして、聞いてくださるお友だちや、同門の方々とのご縁に感謝です♪

さ、次は秋に発表会がある予定です。
今度こそ、もっと準備して本番を迎えます♪













[PR]

by pianosand | 2017-02-19 21:57 | 演奏会 | Comments(10)  

連弾演奏会(2016.11.13)

連弾の演奏会が終わりました。
練習を始めたのが7月。月に2回ほどのペースで合わせ練習、今回はレッスンも受けました。
始めた頃は、一緒に合わせるのが難しく、4曲も弾くと決めたことも後悔(汗)
それでも、明るくて前向きな相方さんのおかげで、凹まずに楽しく練習してこられました。

今日は、お友だちも聴きに来てくださいました。
いつもありがとうございます!見守っていただき心強かったです。

色違いのドレス(昨日買いました!)もなかなか似合っていたと自画自賛。
演奏は、リハーサルよりも本番の方が楽しく弾けました。(間違えたり慌てたことは多々ありましたが)

相方さんと一緒に連弾を始めたのがちょうど5年前の秋でした。
お互い普段はソロが中心ですが、こうした演奏会の機会にしばらくぶりに会って連弾すると、マンネリしていた練習が楽しくなるし、二人で一つの音楽をいろいろと考えて作り上げていく過程が本当に楽しく勉強になります。
私と一緒に連弾を弾いてくださる相方さんのおかげで、ピアノがますます楽しいものになっています♪

本番が終わって、ホッとした気持ちと終わっちゃったなあ・・と少し寂しい気持ちが入り混じっています。

いただいたお花とプレゼント。。ありがとうございました♡

f0267023_21194464.jpg


[PR]

by pianosand | 2016-11-13 21:43 | 演奏会 | Comments(4)  

発表会(2016.7.16)

教室の発表会が終わりました。
1年に2回のペースで10回行う期間限定(?)発表会で、今回が5回目になります。
10回出演を目指していましたが、前回の発表会は腱鞘炎で欠席(;_;)
人前で弾くのは1年2ヶ月ぶりで、ここ1週間ほど焦りやら不安やら落ち着かない毎日でした。

今回は開演が19時と遅かったので、朝から買い物や夕食(簡単にカレー笑)を作り、少しだけピアノを弾き、本を読んで気持ちを落ち着かせようとしました。
(今読んでいるのは、宮下奈都さんの「終わらない歌」。声楽を勉強する主人公の音楽をする中での悩みや苦しみが出てきて、私とは程遠い世界でありながらも、そうなんだよねと思うところも多いのです。)

そして夕方ホールへ。
ドレスに着替えてリハーサルで通して弾きましたが、なんとなく集中できずに、頭の中であれこれと考えてしまっているうちに終了(-_-;)
思い切りの足りない演奏になってしまいました。

そして開演。
いつも来ていただくお友だちにお会いでき、ホッとしました。本当にありがたいです。

お子さんはぐぐんと背も伸びていて、演奏も大人っぽくなっていました。成長ぶりにびっくり。
ゲストに、私の母親くらいの世代の方によるソプラノ独唱。
とても良い姿勢で堂々と歌われていて素敵でした。すごいなあ。
そして大人の生徒さんへ。
大人の演奏は、ひとりひとり味わいがあり気持ちを込めて演奏されていることが伝わってきます。
みなさんピアノを弾くことをとても大切にされているのでしょう。

そして、自分の番へ。
前の方が弾いているうちに、どんどん緊張が高まり心臓がバクバクしてきて口が乾いてきて・・・。
舞台へ上がるときに、先生がニッコリと笑いながら「口角上げて」と一言。
練習の時に、口角を上げて弾くと緊張しないわよ、と言われたことを思い出しました。
にっこりにっこり、と呪文を唱えておじぎをしてピアノの前へ。
弾きながら歌おう(声は出さずに)と決めていたので、口をパクパクしながら口角も上げて(忙しい笑)。
曲が始まれば、あとは流れに乗って進むだけなので、よく聴いて慌てないように、と思いましたが・・そうは行かずに難しかったです^^;
口角上げと、客席の正面に座ってくださったお友だちの応援パワーのおかげで弾き終えることができました。

終わった後に、お友だちから優しくて温かな言葉をかけていただき、素敵なプレゼントもいただき、ありがたくてもったいないほどです。
私のような趣味のピアノを聴きに来ていただき、励ましてくれるお友だちに恵まれてしあわせだなあ~♡と思う発表会でした。
凹むことも多いのですが、今日のような日があるとピアノを弾いていて良かったとつくづく思います(^^)
終わった~♪


[PR]

by pianosand | 2016-07-17 09:35 | 演奏会 | Comments(4)  

発表会(2015.5.31)

教室の発表会が終わりました。

お友だちが、夏のような暑さの中を聴きに来てくださいました。
いつもありがとうございます♪


前半はお子さんの部、休憩をはさみ大人の部。
休憩で(毎回ですが)お子さんとご家族・友人の方はお帰りになるので、大人の部は生徒の弾きあい会のようなリラックスした雰囲気です。
今回で3回目となり、大人の生徒さんとも顔なじみになり和気あいあいとした休憩時間。

それでも、本番が始まればみなさん、うってかわって緊張した面持ちでピアノの前へ。
集中して弾かれる姿、曲への熱い思いが伝わる演奏、歌が聞こえてくるような演奏を聴いていたら、緊張がほぐれて落ち着くことができました。


5日前のレッスンから本番まで。
注意されたことを少しでも直したかったのですが、なかなかうまく行かず、今まで暗譜の不安がなかった所が突然わからなくなり気持ちばかりが焦っていました。
当日のリハでは、いろいろ考えてしまい、音をもっと聞かなくちゃと思いながら何となく乗り切れませんでした。
先生からももっと勢いをもって弾くようにと言われました。

順番を待ちながら、今日は崩れてしまってもいいから、思い切り勢いに乗って弾こうというスイッチが入りました。

勢いをつけようと弾き始めのテンポがいつもより速くなり、和音が濁る、バランスが悪い、音を間違えた、外した・・とひやっとすることが何度もありましたが、途中でとても弾いていて楽しく心地よい瞬間もありました。

この曲の持つ激しさや流れに、乗れたかな?


さて。
気持ちを切り替えて、次の曲です。
何を弾こうかな?








[PR]

by pianosand | 2015-06-01 08:41 | 演奏会 | Comments(2)  

連弾演奏会(2015.2.11)

今日は、2月とは思えないほど暖かな1日でした。
連弾の本番が終わりました。

お休みのところ、お友だちが聴きに来てくださいました。
温かなお言葉やプレゼントが本当にありがたく、胸にしみました(/_;)
ありがとうございました。

f0267023_2137212.jpg

ファニー・メンデルスゾーンの”3つの小品”を選び、練習を始めたのが昨年の秋。
この曲、2人で一緒に動く所、お互いに受け渡すフレーズが多く、2人の4声(手)のバランスや間合い、拍子感を合わせる事も難しかったです。
2人の音が1人で弾いているようにうまく溶け合って聞こえるように弾けたらと思い練習してきました。

本番は、私が譜めくりをするところで2枚一緒にめくってしまいました・・・・(/_;)
相方さんがすぐに戻してくれたのですが(私はびっくりして何もできませんでした)、迷惑をかけてしまったことがふがいなくて、本当に悔やまれます。
練習ではしなかったミスや事故が起こるのが本番とつくづく思い知らされました。

凹んで帰宅。
恐る恐る録音を聞いたのですが、ミスもありましたが、前へ進もうとする音楽の流れが感じられたことや、2人の好きな所がきれいに歌えていたりよいところもあったのでほっとしました。

失敗にめげずに、明日からまたがんばらねば。





[PR]

by pianosand | 2015-02-11 22:06 | 演奏会 | Comments(12)  

第8回ふわふわ音楽会♪

昨日は、お友達のふわふわさんが主催される音楽会に参加してきました。
いちかわ西洋館というとても素敵な洋館(ひどい雨だったので写真は撮れず・・)にあるピアノは、本当に響きがよくて音がまろやかで、聴くのも弾くのも心地よく、ずっと楽しみにしていました♫

1時からスタート。
1部~3部に分かれて、みなさんの演奏を聴かせていただきました。
どなたも、本当に真剣で一生懸命な気持が伝わってきました。
弾き終わったあとの、ほっとされた表情も素敵でした。

ロビーでお茶とお菓子をいただきながらおしゃべりタイムも。
みなさんともっとお話してみたかったな(´;ω;`)

今回は会がスタートして10周年ということで、ふわふわさんが大好きなピアニストの栗原正和さんのミニコンサートが最後にありました。
初めてお聴きしましたが、優しそうな雰囲気そのままの温かみのあるピアノにまたまた癒されました。
サプライズは、栗原さんとふわふわさんの連弾!!
美しくて楽しい演奏を聞きながら、自然に笑顔がこぼれてきました。

ピアノを弾くのは、地道な練習が欠かせず、できないことに凹んだり悩んだり。
それでも、こんなに素敵な1日が過ごせたのはピアノのおかげ。
自分にご褒美を頂いたような、年に1度のおまつりのような1日でした。

最後に自分の演奏のことを。
1週間前に発表会で弾いた、ラフマニノフの前奏曲を2曲弾かせていただきました。
発表会に比べて、アットホームな雰囲気でしたが、でもやっぱり緊張するのは同じ。
よく、「落ち着いているね」と言っていただくのですが、とんでもない~ドキドキして肩や背中はガチガチ。
できるだけ不安なことは考えないで、心の中で歌おう、歌おうと言い聞かせて弾き始めましたが、やっぱり難しくて、音に集中しきれず。
音に集中できるようになるには、まだまだ・・・です。

録音を聞いてみたら、1曲目のOp.23-4は頑張りすぎてガチャガチャ。
2曲目のOp.23-5は、音はあちこちで外していたけれど、発表会の時に比べると先へ進む勢いが感じられたような。
これが、今の自分にできる演奏なのだと納得。
3月から弾いてきたOp.23-4、7月から弾いてきたOp.23-5は、これで弾き納め。

気持ちを切り替えて、がんばろっと。



[PR]

by pianosand | 2014-11-30 15:51 | 演奏会 | Comments(4)