カテゴリ:piano( 160 )

 

明日

いよいよ明日になりました。
暗譜で弾くと、思いがけないところでわからなくなり頭が真っ白になります。
似たようなフレーズが何ヶ所かあると、次はどっち?と意識したらだいたいおかしくなります。
練習不足と年齢によるものなのか・・・。

明日は、初めて合わせる生徒さんとの連弾がありとても楽しみです。
ソロも緊張や不安に負けずに楽しんで弾きたいです♬

[PR]

by pianosand | 2018-05-18 21:51 | piano | Comments(0)  

レッスン

発表会前の最後のレッスンへ。
暗譜で弾きましたが、思いがけないところで暗譜が落ちました。。。
何度か弾き直して戻れましたが、暗譜の不安がどんどん大きくなっています^^;
先生からは
・フレーズを大きくとる
・もっと揺らして
・次の音へ進める、音楽が止まらないように

ショパンらしいゆらぎや美しさが出せず、味気のない演奏となってしまい、弾いていても音楽を楽しめかったことが残念。
先生に教わりながら直すと、少しショパンらしく聞こえることもあり、こんな風に自分だけで弾けたら楽しいだろうなあと思いました。
緊張の本番では、どうなってしまうのか全くわかりませんが、数小節でも、ショパンらしさが感じられたら満足です。
残り数日、がんばろう。




[PR]

by pianosand | 2018-05-14 15:40 | piano | Comments(0)  

合同レッスン

今日は、同門の生徒さんとの合同レッスンでした。
まず、発表会で弾く連弾曲を見ていただきました。
初めて連弾する生徒さんがセカンド、私はプリモで、まだおっかなびっくり合わせています。音量のバランスが難しい。
一緒に合わせて練習するのは2回だけで、次は本番です(‼︎)ドキドキ!

次はソロ。
譜面台に楽譜は置いたものの、暗譜で弾こうとチャレンジ。
練習で間違えるところは、やはり間違え、新たに危ないところも見つかりました。
2回弾かせていただき、上手くいかないところもわかったので、チャレンジしてよかったです。
が!弾くことに必死で聴けていないし、メリハリやテンポの揺らぎ、フレーズがつながらないところが課題です134.png

[PR]

by pianosand | 2018-04-29 12:35 | piano | Comments(0)  

暗譜できない

ノクターンの暗譜がまだできていません。
特に左手があやしいので、左手だけ練習したり、ゆっくり両手で弾いたり思いつくままいろいろと試していますが不安定です。
さすがに焦ってきましたが、焦ったところで覚えられるわけもなく。
弾かない時も楽譜を見て、目で覚える?
暗譜がうまくいく方法があれば教えてほしいです。





[PR]

by pianosand | 2018-04-26 13:48 | piano | Comments(0)  

発表会へ

昨日はお友だちの発表会へおじゃましました。
お友だちはショパンのバラード1番を演奏され、ピアノから歌が聞こえてくるような心に響く演奏で、途中何度も涙がこみあげました。

今、ショパンを練習していますが、揺れや歌い方がつかめず、どう弾いたらしっくりくるのかわからず模索しています。
下手でも、少しでもショパンの美しさが聴いている人の心に届くような演奏ができたら満足です。





[PR]

by pianosand | 2018-04-23 10:03 | piano | Comments(2)  

”冷静に、冷静に”

土曜日の音楽会の前から腱鞘炎の痛みがあり、昨日までピアノはお休みしていました。
音楽会で、同じように手を痛めた方から、「ボディ・マッピング」を実践しているというお聞きしたので、図書館で本を予約しました。
弾き方や身体の使い方を少しづつ変えていき、手を痛めないようにずっと弾きたいです。

昨日はピアノの調律をしていただきました。
ピアノが来てからもう5年♬
調律していただいたら、音のずれがなくなり、響きが立体的に豊かになりました。

師走の忙しさで気持ちばかりがあせって、いろいろなことが中途半端で空回りしています。
ババカヨのように「冷静に、冷静に」とつぶやいてみようかな。



[PR]

by pianosand | 2017-12-14 08:08 | piano | Comments(2)  

困ったなぁ

来月、お友だち主催のピアノの会に参加することにしました。
そろそろ何を弾くか決めなくてはいけないけれど、曲がない…
9月の発表会で弾いたリスト、その後全く弾いていません。
今練習中の曲で何とか弾けそうなのは、フランス組曲のアルマンド。
リストをもう一度練習し直すか、今年前半に弾いたショパンのエチュードとアルマンドを弾くか…困ってしまう。


[PR]

by pianosand | 2017-11-06 08:27 | piano | Comments(2)  

トリル~~~

ノクターン17番、難しいです。(わかっていたけれど・・・)
昨日、レッスンで初めて見ていただきました。
先生からも「この曲難しいわねえ~」と言われて、思わず「や、やめます」
「いいじゃない。やってみてだめならやめれば。トリルの練習にもなるし」と笑いながら一蹴。
発表会で弾く予定なので、途中でやめて新しい曲をやるのは。。。と思いましたが、弾きたいと自分で選んだ曲だし、自分なりに弾けるところまでがんばればいいと思い直しました。

このページ、苦手なトリルの練習にピッタリ(笑)

f0267023_19584052.jpg




[PR]

by pianosand | 2017-10-31 08:16 | piano | Comments(0)  

最近の練習

クラーマー=ビューロー(10番)、バッハのフランス組曲(6番・アルマンド)、ショパンのノクターン(17、18番)、と4曲の譜読みが一度に始まってしまいました。
練習する順番(クラーマー⇒バッハ⇒ノクターン17⇒18)がいつも同じで、ノクターン18番に着く頃には集中力が切れてしまい進みません。
先日のレッスンでは18番は見ていただける状態ではなくて、弾きませんでした。。。
反省して、18番を集中的に練習。

譜読み段階は、子供の頃からの習慣でゆっくり片手づつ練習。
眠くなったら(笑)、立って弾いてみたところ、楽譜がよく見えるし指先に重みを感じて弾けるので意外とよかったです♬

ショパンの指使いは弾きづらいところが多くて、四苦八苦しています。
バッハはノンレガートが弾けず、スタッカートのようになったり、ベタベタとした重い音になったり難しいです。


[PR]

by pianosand | 2017-10-23 07:34 | piano | Comments(2)  

ヤマハ、ピアノ工場見学(長いです)

ずっと行きたかった、ピアノ工場を見学してきました。
静岡県掛川市のヤマハ掛川工場。
掛川駅から車で10分ほどの、静かな場所にありました。

ショールームのハーモニープラザ。

ショールーム内は写真撮影OKです。
明治時代に作られたグランドピアノ。
皇室でも弾かれた後、再び戻ってきたそうです。
鍵盤の張替えや弦の交換、塗装などメンテナンスがされていて、昔のピアノとは思えないほど美しいピアノです。
音も鳴りました。(若干、音が低め)
譜面台には「YAMAHA」が彫刻されています。



こちらは、リヒテルが愛用したグランドピアノ。
「リヒテルルーム」という部屋に2台並んで置かれていて、弾いても良いとのこと。
もちろん弾いてきました♡
立派なコンサートグランドピアノ♬





興奮してピアノを弾いていたら、見学の時間になりました。
まず、ショールーム内の部屋で、ヤマハの歴史紹介とピアノの製造工程(今日見学する工程以前のところ)のDVDを見ました。

終わるといよいよ工場へ。
今回は、私たち3名ともう1グループの計5名。
ガイド嬢より、工場内は音が大きいため、工場に入る前にガイドイヤホンを渡されます。
装着すると、ガイド嬢の説明がイヤホンから聞こえました。
あいにくの雨の中、構内を少し歩き工場へ向かいます。
構内にはいろいろな種類の木が植えてあり、緑が豊な敷地でした。

工場の入口は、二重扉になっていて、二枚が一度に開かないようになっています。
これは、工場内の温度・湿度への配慮とのこと。

中に入ると、とても広い!そして、作られている途中のたくさんのグランドピアノ!
工程ごとに立ち止まり、職人さんの仕事ぶりを目の前で見ながら説明を受けます。
一つの工程に三、四人の方がいて、ピアノに向き合って黙々と作業をされています。
男女同じくらいで、年齢も若い方からベテランさんまで様々。
ほとんどが立ち仕事で、そばには小型の扇風機があります。
作業中の汗がピアノに落ちるとサビなどの原因になるため、一年中回しているそう。細心の注意が払われています。

工場内には線路があり、無人の台車に乗せられたピアノが、音楽が流れる中(線路ごとに違う曲が流れていました。サザエさんの音楽も・・笑)次の工程へ運ばれていきます。
音楽は、台車が動いていることに気がつくように流れているそうです。

弦を張る、整調、ダンパーの取り付け、自動打弦機、調律、整音・・と細分化された工程で、職人さんが黙々と仕事をされていました。
木を切るところから始まり、多くの方の手と長い時間を経てピアノが作られていると知り、とても感動しました。

最後に、ショールーム内の部屋で、同じ頃に作られた、同じ機種のピアノ3台を試弾しました。
音色、タッチが一台ずつ違い、ピアノの個性を感じました。
この先ピアノを買う予定はないけれど、できるものなら、試弾して好きなピアノを家へ持ち帰りたい♡

見学の記念に、ハンマーのキーホルダーをいただきました。
小さなカゴに入っていて、好きなものを選んでくださいと言われ、悩みました。


夢がかなった見学でした。
次は、カワイの工場見学へ行きたいです!

[PR]

by pianosand | 2017-10-13 15:50 | piano | Comments(4)