<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

ベートーヴェンを聴きに ファジル・サイと河村尚子さん

2週続けて、ベートーヴェンを聴きに行ってきました。

11月10日 ファジル・サイ 所沢市民文化センターミューズ
*第8番 op.13 「悲愴」
*第14番 op.27-2「月光」
*第23番 op.57「熱情」
*第26番 op.81a「告別」

とてもがっしりとした大きな体と(たぶん)大きな手から出てくる音は、重厚でエネルギッシュでスケールが大きい演奏。
ときおり歌声(うなり声?)が聞こえたり、客席の方に顔を向けて(まるで弾き語りの歌手のように笑)弾いたり、ユニーク。
歌い方が独特と感じるところもあり、ファジル・サイ編曲、ではないけれど、ファジル・サイ・バージョンのベートーヴェンでした。

11月17日 河村尚子 フィリアホール
*第18番 op.31-3
*第21番 op.53 「ワルトシュタイン」
*第24番 op.78 「テレーゼ」
*第23番 op.57 「熱情」

こちらは、「ベートーヴェン ピアノ・ソナタ・プロジェクト」全4回の2回目。
残念ながら第1回は聴きに行けなかったのですが、2月の浦安音楽ホールへで「悲愴」「月光」を聴きました。
骨太な音、ふわふわ・もふもふな音、消え入るような繊細な音まで豊かな音色にあふれた素晴らしい演奏でした。
アンコールの「エリーゼのために」がこんなにも美しくて深い曲だったとは。。。目から鱗が落ちました。
次の回にもぜひ行きたいです♫




f0267023_09095033.jpg



[PR]

by pianosand | 2018-11-18 09:37 | music | Comments(0)  

一万円選書

春に放送されたテレビ番組"プロフェッショナル・仕事の流儀"で、北海道のいわた書店の"一万円選書"が紹介されていました。
応募者から抽選で選ばれると、"カルテ"と呼ばれる質問表が送られてきて、記入して返信すると、カルテを元に店主の岩田さんが本を選んでくれます。
その人のためだけに本を選んでくれるなんてちょっとおもしろそうと思い、スマホのカレンダーに10月の応募受付の日を入れておきました。
それから半年。すっかり忘れていたのですが、カレンダーを見て思い出し、応募してみました。
2週間後、当選の連絡と"カルテ"がきました。
カルテには読書歴や自分のことを書くのですが、私はふたりの子育てのことをいろいろ思い出して書きました。
自分の人生を振り返るよい機会でした。

そして、数日前に選ばれた本のリストが届きました。
既読のものがあれば他の本を選んでいただけます。私は3冊が既読だったので、他の本に替えていただきました。
そして、今日本が届きました。
全く知らない作家の本や、読もうと思っていた本が入っていました。

自分で選ぶ本は、ジャンルも作家もかなり偏っていると思うので、新しい作家さんと出会えたのはとてもうれしいです。


f0267023_13005454.jpg
f0267023_15170602.jpg


[PR]

by pianosand | 2018-11-17 16:04 | | Comments(0)